踊る摩天楼
ホーム > 作品情報 > 映画「踊る摩天楼」
メニュー

踊る摩天楼

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「ここは静かなり」の野村芳太郎が、「花嫁募集中」の光畑碩郎と共同でシナリオを書き、「ここは静かなり」に次いで監督にあたった明朗ミュージカル。撮影は同じく井上晴二。主な出演者は、「別れの一本杉」の川喜多雄二、「この女に手を出すな」の高橋貞二、「つゆのあとさき」の有馬稲子、「あなた買います」の大木実、「花ふたたび」の浅茅しのぶ、「恐妻一代」の藤乃高子、「ここは静かなり」の中川弘子、「別れの一本杉」の朝丘雪路、ほかに日守新一、関千恵子など。

ストーリー

九州の元大名の若殿・雄太はテレビの美術監督だが、家老半太夫の娘でテレビショウの踊り子みどりを秘かに恋していた。ところが半太夫は家運挽回のため雄太と実業家の娘洋子との縁談を計り見合いさせようとする。雄太は姉かほる、親友のプロデューサー昭平の協力で、みどりに愛情を打明けたが、みどりは父の立場を考え思い悩む。そこで、かほるは九州の父凡斎のところへ行き、家宝の兜を売って家運を挽回、雄太の結婚問題を解決するよう勧めた。すると凡斎は、かほるに西郷平八郎を結婚の相手に勧める。幼馴染みの二人は、すっかり意気投合する。一方、昭平は雄太を助けるため雄太になりすまして洋子と見合いする。昭平は馴染み芸者の幾千代を呼んで、いちゃついて見せるが、洋子は酒や煙草をのんで逆に昭平をびっくりさせる。しかし、やがて雄太とみどりの結婚は、かほる、昭平の活躍、それに相手が雄太ならぬ昭平と知って今は昭平を愛する洋子らの協力で遂に半太夫も承諾した。主家の家運は兜を売って挽回されることになり、かほると平八郎、雄太とみどり、昭平と洋子の三人組は、めでたく結ばれた。...

キャスト

作品データ

製作年 1956年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 92分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「踊る摩天楼」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi