お初の片恋
ホーム > 作品情報 > 映画「お初の片恋」
メニュー

お初の片恋

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

山だし女中お初を中心に繰ひろげられる人情篇。北条秀司の原作から「新婚第一課」の若尾徳平が脚色、「へそくり社員とワンマン社長 ワンマン社長純情す」の小田基義が監督、同じくコンビの鈴木斌が撮影を担当する。主な出演者は「東京チャキチャキ娘」の中村メイコ、「箱入娘と番頭」の扇千景、環三千世、「にっぽんGメン 特別武装班出動」の伊藤久哉、その他三好栄子、藤原釜足など。

ストーリー

祇園祭を控えた京都。呉服卸商丸福の女中お初は丹波の山出しで醜いが律義な娘。朋輩のおまつは十人並以上の器量である。今日は主人福太郎の妻房江と曰くありげな田舎歌舞伎の女形九女蔵も来て騒々しい。祭気違いのおまつに比べ、醜女のお初は雑沓を好まないが、番頭武造に叱られた新米の丁稚長松を慰める中、母なし子と知り貰い泣きする程のやさしい気立て。ところが男前の番頭徳七からおまつへの附文が、老女中おくらの誤解でお初に渡る。生れて始めての経験に喜ぶお初。たった一人の故郷の母から送って来た浴衣を着たりいそいそと。だが徳七の話で相手を間違えたと知ったおくらは大慌て。お初に事の次第を告げてわびる。一時は泣き悶えたお初も淋しくあきらめ、自分の帯や下駄までおまつに貸し、逢引きに行かせてやる。器量良しは幸せ、とお初は朋輩を羨むが、おくらの心遣いに機嫌を直し、二人で仲良く月を見る。外出から戻った当家のチャッカリ娘光子が、徳七とおまつの逢引きを知らせて去った後、お初は裏の空地で一人、母の名を呼びつつ泣いていた。...

スタッフ

監督
脚色
若尾徳平
原作
北条秀司
撮影
鈴木斌
美術
島康平
音楽
神津善行
録音
森武憲
照明
入江進

キャスト

作品データ

製作年 1956年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 66分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi