文七元結より 泣き笑い五十両
ホーム > 作品情報 > 映画「文七元結より 泣き笑い五十両」
メニュー

文七元結より 泣き笑い五十両

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

金力と権力の非情な世間に立ち向い、涙と笑い、恩愛と愛情の綾なす市井の人々の物語。三遊亭円朝口演“人情噺文七元結”より「黒姫秘帖」の富田義朗がシナリオを執筆、「のんき侍大暴れ」の倉橋良介が監督、同じく服部幹夫が撮影を担当した。主な出演者は「アチャコの子宝仁義」のアチャコ、「黒姫秘帖」の大谷友右衛門、「花笠太鼓」の紫千代、「漫才学校 爆笑八人組」の雪代敬子、他に沢村貞子、高山裕子、山路義人など。

ストーリー

お人好しで見栄っぱりの魚屋長兵衛は、酒と博奕が大好きで借金がかさみ、年の瀬が越せない始末。娘お春は料亭叶家の女将お駒を訪ね、芸者になる代り五十両融通を頼む。長兵衛は、娘の健気な心根や、五十両を三月間、加えてお客に指一本ふれさせぬというお駒に感激。だが帰途、借金の証文をタテに難題をふきかけられている浪人辺見七郎太と妹雪江を見兼ね、五十両の金を投げ出す。虎の子を失くした長兵衛は女房お兼と夜逃げ、作業員になって働きだした。一方、七郎太は小間物屋の手代となり名も文七、父の仇片倉伝十郎を尋ねる中、叶家で働くお春に惹かれ、彼女に執心の悪旗本榊山軍之進邸に伝十郎がかくまわれていると知る。その頃、長兵衛は稼ぎ貯めた金で魚屋を開業、盤台を肩に歩く中、文七にめぐり遇う。文七は長兵衛がお春の父親であること、五十両の無心で難儀していることを知り、身の素姓を明かして詫びる。お春も恋しい文七の素姓を知り軍之進の邸に手引、ここに文七兄妹は目出たく本懐を遂げた。五十両の金は七郎太から返済、お駒は借金を棒引きにし、改めてお春を七郎太の妻にと申出る。数日後、新しい魚屋を開店した長兵衛夫婦の前には、帰参の叶った七郎太と雪江に伴われたお春の新妻姿が見られた。...

スタッフ

監督
脚本
富田義朗
製作
石田清一
撮影
服部幹夫
美術
桑野春英
音楽
池田正義
録音
川北武夫
照明
寺田重雄

キャスト

作品データ

製作年 1956年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 67分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi