東京の人さようなら
ホーム > 作品情報 > 映画「東京の人さようなら」
メニュー

東京の人さようなら

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

コロムビアの歌手島倉千代子が始めて映画に主演する歌謡メロドラマ。大島の風物を背景に東京の学生と島のアンコの悲恋を描く。脚本・監督は「夜間中学」の本多猪四郎、撮影は「お嬢さん登場」の芦田勇。主な出演者は島倉千代子(乙女心の十三夜)「青い芽」の山田真二「極楽大一座 アチャラカ誕生」の石原忠、他に東郷晴子、八島恵子など。

ストーリー

東京の大問屋の息子信一は体が弱いため、大学の受験を一年延して、椿が美しく咲き乱れる大島へ静養に来た。小学生時代の幼友達である島の娘千代は、ふと砂丘に寝ている信一の姿を見つけた折、胸の動悸を押えることが出来なかった。その夜の歓迎会にも千代は出席しなかった。会いたいのは山々だが、千代には勧められた縁談があり、会えば自分の気持を押えることが出来ないと知っていたからである。或る日、千代は小学生時代の唱歌を口笛で吹いている信一に出逢い、楽しい昔話に時を遇した。だが信一との仲を心配した両親によって、やがて土地の青年甚太郎と千代の婚約披露が行われた。居たたまれずに席を外した千代は、砂丘で本に読み耽る信一の姿を眺めながら思いきり泣くのだった。甚太郎が乗組む筈である竜吉の新造船も、信一の父が出した資本で進水したが、千代は町の叔父の椿油工場へ手伝いに行ってしまう。村祭りの日、千代は家に戻ると直ぐ、竜吉の家に信一を訪ねた。だが、そこにいたのは東京から信一を迎えに来た妹の敏子と、信一の許婚幸子だった。絶望の果て、砂浜にたたずむ千代の後に信一が立った。「僕が好きなのは千代ちゃんだけだ。だけど若い僕達は今すぐ結婚できない。僕が立派な社会人になるまで、きっと待っていてくれ」という信一の言葉に、千代は思わず彼の胸に顔をうづめた。やがて信一の乗った船は大島を去ってゆく。彼の手から放たれたテープの端を握った千代は、信一との誓いを心の中で叫んでいた。...

スタッフ

監督
脚本
本多猪四郎
製作
竹井諒
撮影
芦田勇
美術
小川一夫
音楽
竹岡信幸
録音
長岡憲治
照明
猪原一郎

キャスト

作品データ

製作年 1956年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 60分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi