丹下左膳(1956)
ホーム > 作品情報 > 映画「丹下左膳(1956)」
メニュー

丹下左膳(1956)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

無声映画時代からすでに数回映画化された林不忘の原作を「天保六道銭 平戸の海賊」の棚田吾郎が脚色、「人生とんぼ返り(1955)」のマキノ雅弘が監督、「悪の報酬」の永塚一栄が撮影を担当した。主なる出演者は「悪の報酬」の水島道太郎、「母なき子」の南田洋子、「乳房よ永遠なれ」の月丘夢路、「力道山物語 怒涛の男」の河津清三郎、「逢いたかったぜ」の金子信雄など。乾雲の巻、坤竜の巻、昇竜の巻(完結編)の三部作。

ストーリー

乾雲の巻-一刀剣蒐集の妄執に憑かれた東北岩城藩七万五千石の城主岩城主水正は江戸で神変夢想流指南の道場を開く小野塚鉄斎所持の名刀乾雲、坤竜の二刀を手に入れるため、隻眼隻手の藩士丹下左膳を江戸に向わせた。鉄斎の娘弥生の婿選び試合の当日道場に現われた左膳は、師範代の諏訪栄三郎を破った高弟の森徹馬と鉄斎を倒し、乾雲の一刀を奪ったが、坤竜は弥生に持ち去られてしまった。栄三郎は弥生に坤竜を托され、乾雲を取戻すことを誓った。この二刀は相離れると互いに呼び合うという伝説の通り、左膳は坤竜を求めて夜毎江戸の街を彷徨した。ある夜、恋人のお艶と大川端を歩いていた栄三郎は左膳に会った。たちまち二人の間には争いが起ったが栄三郎は奇怪な風来坊蒲生泰軒の助力で左膳の太刀先を逃れることが出来た。血に餓えたけもののような左膳の狂態は岩城藩留守居役浅見勘解由の知るところとなり、藩への迷惑をおそれた勘解由は月輪軍之助に命じて左膳を殺させようとしたが失敗に終った。左膳に惚れる年増女櫛巻お藤は弥生を誘い出し、栄三郎とお艶の住む長屋に行き坤竜を奪った。しかし左膳の持つ乾雲も遊び人鼓の与吉に奪われ栄三郎の手に渡ることになった。入れ代った二刀。坤竜を求める栄三郎と与吉、乾雲を求める左膳とお藤が橋の上で出合った。左膳と栄三郎の死闘が始まった。これを知った勘解由は二刀を奪う絶好の機会とばかり二人を襲った。栄三郎は乾雲を持ったまま河中に落ち、左膳もまた御用提灯に追われて坤竜を口にくわえると河の中に飛びこんだ。 坤竜の巻--妖刀に呪われ無益の殺生を重ねる左膳の狂態に南町奉行大岡越前の心は暗かった。岩城主水正は江戸に呼び出され老中の詰問を受けるや左膳とは無関係だといい放った。今や左膳は越前守にも追われる身となってしまった。一方グレ旗本鈴川源十郎も乾坤合せて三千両という賞金を目ざして、左膳と栄三郎を追っていた。法華寺の位牌堂にお藤と共に身を潜めた左膳は無益の殺生をした人人の霊を慰めるためにお題目を唱えていた。固く封印をした坤竜が側にあった。栄三郎は蒲生泰軒に救われた。彼もまた妖刀乾雲に憑かれたのであろうか、左膳を追う黒装束の岩城藩士を夜毎斬っていた。それを知った左膳は坤竜を彼に返そうとした。だが栄三郎は黒装束の剣士達の手にかかり、乾雲は月輪軍之助に渡ってしまった。左膳の背後にもまた捕方が追っていた。左膳は岩城藩下屋敷に行き斬りかかる藩士達と闘いながら乾雲を求めて主水正を追いつめた。そして乾雲を取り戻すと乾坤二刀を足にかけたまま、捕縄と六尺棒でがんじがらみにされ、「七万五千石を道連れに左膳は地獄へ」と最後の力をふりしぼってお題目を唱えながら引かれて行った。...

スタッフ

監督
脚色
棚田吾郎
原作
林不忘
製作
水の江瀧子
撮影
永塚一栄
美術
小池一美
音楽
鈴木静一
録音
福島信雅
照明
河野愛三

キャスト

作品データ

製作年 1956年
製作国 日本
配給 日活

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

新網走番外地 吹雪の大脱走[DVD] 暁の追跡[DVD] 日本女侠伝 激斗ひめゆり岬[DVD] 新網走番外地 嵐呼ぶダンプ仁義[DVD]
新網走番外地 吹雪の大脱走[DVD] 暁の追跡[DVD] 日本女侠伝 激斗ひめゆり岬[DVD] 新網走番外地 嵐呼ぶダンプ仁義[DVD]
発売日:2009年3月21日 最安価格: ¥3,791 発売日:2005年9月22日 最安価格: ¥3,140 発売日:2012年10月21日 最安価格: ¥3,791 発売日:2009年3月21日 最安価格: ¥3,759
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi