名探偵明智小五郎シリーズ 青銅の魔人 第四部
ホーム > 作品情報 > 映画「名探偵明智小五郎シリーズ 青銅の魔人 第四部」
メニュー

名探偵明智小五郎シリーズ 青銅の魔人 第四部

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

スタッフ、キャストともに前三部に同じ。なお第二部には「謎の夜光時計」第三部に「恐怖の天守閣」第四部に「決闘獅子ケ島」という傍題がつく。

ストーリー

危い所を小林少年等に救われた明智は、水野や少年たち、玲子と一緒に玄海灘のまん中にある獅子ケ島に渡った。そこで石板の地図を発見し、それに従って鍾乳洞の奥を探り、獅子の像の下から一枚のなめし皮を発見した。半分は帝王の夜光に、半分は大磯の古井戸に、と書いてある。そこへ魔人が現れ、なめし皮を奪い水野を拉し去った。明智等がようやく東京へ帰ると、大磯の地下室では魔人が水野を脅かしたが、秘密地図のあとの半分は分らない。怒った魔人はダイナマイトで地下室を爆破したが、このために飛んで来た獅子像の中から明智は地図を発見した。魔人はサリーの入れ智恵で、水野を人質にとって透明人間と明智を相手に新聞広告で取り引きをした。約束の時間に魔人の巣窟に無人自動車が現れ、まず水野を釈放した。果して透明人間は明智小五郎だった。二十面相は小五郎のため屋上へ追いつめられ、ついに手榴弾で自爆した。...

スタッフ

監督
脚色
小川正
原作
江戸川乱歩
製作
細谷辰雄
撮影
長岡博之
美術
木村芳男
音楽
万城目正
録音
新楠元
照明
小泉喜代司

キャスト

作品データ

製作年 1955年
製作国 日本
上映時間 38分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi