風雲日月双紙
ホーム > 作品情報 > 映画「風雲日月双紙」
メニュー

風雲日月双紙

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

三上於菟吉の原作を「七変化狸御殿」の森田竜男が脚色し、「水戸黄門漫遊記 天晴れ浮世道中」の酒井辰雄が監督にあたる。撮影は「歌まつり 満月狸合戦」の服部幹夫の担当。出演者は「神州天馬峡(1954)」の大谷友右衛門、「妙法院勘八」の近衛十四郎、「次男坊判官」の浅茅しのぶ、「おとこ大学 新婚教室」の幾野道子、「三人娘 只今婚約中」の七浦弘子のほかに柳永二郎、高野真二、永田光男、千秋みつる、鮎川十糸子、青山宏、西田智など。

ストーリー

御厨藩家老小此木勘解由御典医養玄院卜栄、遠州屋等一味は十年前にお家乗取りを策し、オランダ金貨十万両の保管に当っていた南蛮御用与力榊主水を毒殺したが、横領した金貨を江戸に埋蔵した者が殺された為に、それを書き残してある図面を探していた。彼等は榊の枝に結んだ呼び出し状で根岸の遠州屋の寮に呼び出された。榊は主水の姓に通じ、その日は主水の命目に当ると気附いた時主水の忘れ形身左近と名乗る白覆面の侍が現れ、卜栄を斬ったが続いて現れた黒覆面の侍に連れ去られた。二人は主人の遺児右近、左近の兄弟で、右近は証拠を掴んで父の寃罪を晴すことを望み、左近は直接刀に訴えることを望んだ。小此木一味は与力山田仙之助を抱込み兄弟を亡き者にせんとした。右近は轡屋丹左が例の図面の半分を持っているのを知り、居酒屋の酌婦お瀧と企んで、丹左の娘環と弟左近を近づけ、左近と環は互に心ひかれる様になった。左近は兄の態度に不満を感じ小此木一味の者を斬ったが、手裏剣を落したのに気づかなかった。左近に想を寄せる芸人お千勢は嫉妬のあまりに詮索に来た仙之助に手裏剣の持主を教えたが、左近と環はお瀧にかくまわれた。遠州屋は丹左が図面を持っているのを知り、丹左を斬って図面と環を攫った。榊兄弟は根岸の寮へ迫ったが遠州屋は小此木に斬られ、図面と環は息子千太郎に攫われた後だった。二人は仙之助を仆して図面を奪い、後悔したお千勢の働きで環と残りの半分の図面も取り返した。父の寃罪を晴らし、遺封を継ぎに九州へ向う右近とお瀧を、左近と環は仲良く見送った。...

スタッフ

監督
構成
伊藤大輔
脚色
森田龍男
原作
三上於菟吉
製作
石田清一
撮影
服部幹夫
美術
川村鬼世志
音楽
池田正義
録音
森沢伍一
照明
村田政雄

キャスト

作品データ

原題 Adventures of the Sakaki Brothers
製作年 1955年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 89分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi