僕は横丁の人気者 二部作
ホーム > 作品情報 > 映画「僕は横丁の人気者 二部作」
メニュー

僕は横丁の人気者 二部作

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

あをいきくらぶ原作から「若き日は悲し」の中村定郎が脚本を書き、新人尾崎甫が第一回作として監督する。撮影は「飛竜の門」の斎藤毅。主なる出演者は「飛竜の門」の大木実、「この世の花」の淡路恵子、「ママ横をむいてて」の井川邦子、沢村貞子のほか坂本武、雪代敬子、大坂志郎など。

ストーリー

第一部・陽気なゴン兵さん--タクシーの運転手ゴン兵君は五味理髪店に間借りしているが、困った女を見ると必ず助けたくなる性分で、足の悪い加代、夫に死別れて自殺しようとした春代などを連れてくる。ゴン兵を愛する順子さんはそのたびに気をもむのだった。加代はやっと仕事が見つかり、春代はゴン兵が杉山社長に頼んで女中に使って貰った。ところが加代の弟信二が、ゴン兵の車を無断で運転してアルバイトの金を稼ごうとし、誤って衝突、負傷した。このためゴン兵は馘になったが、その帰り途に家のない房子という幼女を拾い、しかも退職金は加代にやってしまった。怒った順子は彼を家から追出し、ゴン兵は房子を連れて上野の地下道に行った途端、浮浪者として警察に留置された。第二部・フーちゃんの子守唄--然し社長は彼の正直を知って復職を許す。そのうちに房子が春代の実子であることが分る。婚家を追出された母を慕って房子も家を出てしまっていたのである。母子は涙のうちに抱き合った。そして田舎から上京したゴン兵の叔母トミが、春代と房子を連れて田舎へ帰ることになり、ゴン兵は晴れて順子と愛しあい、親方の虎吉も踊りの師匠蘭子とめでたく結ばれた。...

キャスト

作品データ

製作年 1955年
製作国 日本

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

松竹新三羽烏傑作集 三羽烏三代記[DVD] 緋牡丹博徒 お命戴きます[DVD] 続 兄弟仁義[DVD] 博徒一家[DVD]
松竹新三羽烏傑作集 三羽烏三代記[DVD] 緋牡丹博徒 お命戴きます[DVD] 続 兄弟仁義[DVD] 博徒一家[DVD]
発売日:2012年5月25日 最安価格: ¥1,455 発売日:2013年4月1日 最安価格: ¥2,419 発売日:2011年6月1日 最安価格: ¥2,419 発売日:2016年11月9日 最安価格: ¥3,645
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi