紋三郎の秀
ホーム > 作品情報 > 映画「紋三郎の秀」
メニュー

紋三郎の秀

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

子母沢寛の小説を「恋風街道」の冬島泰三が脚色・監督し「美男天狗党」の太田真一が撮影に当る。主なる出演者は「伝七補物帖 黄金弁天」の高田浩吉、「慈悲心鳥」の角梨枝子と中山昭二、「明治一代女」の木暮実千代、「伝七補物帖 黄金弁天」の澤村國太郎、「残月一騎討ち」の高松錦之助などである。

ストーリー

常州笠間生れの秀五郎は二つ名前の紋三郎の秀とよばれ、賭場の恨みから、恋女房お静を御家人天野に殺された。秀五郎は天野を斬って房州へ旅立った。上総木下の親分魚屋の徳蔵は年老いて病いがちとなり、駈出しの彌太五郎に縄張りを荒されていたが、秀五郎はここに草鞋をぬいだ。祭礼でふと知りあったのがお静に瓜二つの娘お新。しかも彼女は彌太五郎の娘だった。徳蔵と彌太五郎の両家が大喧嘩になろうとした時、秀五郎は単身両家の間に立ち、知恵と度胸と水際立った居合抜で見事に収め、双方の和解が成立した。再び旅立つ秀五郎をお新が追いかけたが、互いに好きだとは口に出さぬ意地の道行となる。途中、御用の声に追われた秀五郎は血路を開いて単身落ちのびた。彼は秘かに生家を尋ねると、母親は死亡し、盲目の父親寛斎を親身に世話しているのはお新だった。そこへ天野の一味大場と橋立、かつて彌太五郎の用心棒だった鷺坂が、捕手の役人達と共に襲いかかった。乱闘の一夜は明け、悪浪人等は秀五郎の幼なじみの御用聞茂吉に捕われ、秀五郎は自首した。お新は彼の帰りを待っている。...

スタッフ

監督
脚本
冬島泰三
原作
子母沢寛
企画
児井英生
製作
松本常保
撮影
太田真一
美術
川村鬼世志
音楽
上原げんと
録音
竹川昌男
照明
湯川太四郎

キャスト

作品データ

製作年 1955年
製作国 日本
上映時間 91分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

残菊物語[DVD] 忠臣蔵 花の巻・雪の巻[DVD] ひばり姫 初夢道中[DVD] 松竹新喜劇 藤山寛美 螢ばやし[DVD]
残菊物語[DVD] 忠臣蔵 花の巻・雪の巻[DVD] ひばり姫 初夢道中[DVD] 松竹新喜劇 藤山寛美 螢ばやし[DVD]
発売日:2006年11月22日 最安価格: ¥3,959 発売日:2008年12月20日 最安価格: ¥4,104 発売日:2007年5月25日 最安価格: ¥3,201 発売日:2007年9月28日 最安価格: ¥3,201
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi