あんみつ姫
ホーム > 作品情報 > 映画「あんみつ姫」
メニュー

あんみつ姫

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

雑誌「少女」所載の原作を、「宮本武蔵(1954)」の若尾徳平と、「潜水艦ろ号 未だ浮上せず」の新井一が共同で脚色し、「こんな奥様見たことない」の仲木繁夫が監督する。撮影は「その後のウッカリ夫人とチャッカリ夫人」の遠藤精一。出演者は、「トラン・ブーラン 月の光」の雪村いづみ、「たん子たん吉珍道中」の小畑やすし、松島トモ子、「潮騒(1954)」の久保明、「天国と地獄」の丹下キヨ子のほか、歌のおばさんの松田トシ、藤原釜足、沢村みつ子、益田喜頓、瀬川路三郎、有島一郎など。

ストーリー

昔々、甘辛城では城主あわのだんごの守をはじめ、領民も皆善人で平和だったが、殿様の発明狂と一人娘あんみつ姫のおてんばが、いつも奥方甘茶の方を悩ませていた。姫は教育掛のカステラ夫人と小倉ようかんをまいて、甘栗之助やまんじゅうと城下へぬけ出すのが好きだった。殿様が発明した、品物が四倍に増える「バイバイ薬」が完成すると、隣国の黒雲城は、これを盗もうとしはじめた。黒雲城主鬼塚刑部は、兄の城主を毒殺して城を乗っ取り、兄の遺児すみれを奥方お熊の方と事々にいじめていた。すみれの兄弓太郎が成人して武者修業の旅から帰って来、刑部とお熊の方は弓太郎を亡きものにしようとするが、それに感づいて弓太郎、すみれは城を逃げ出した。途中、妖術師甚内のためにすみれは囚われ、弓太郎は谷底へ落ちるが、怪人に救われ甘辛城下へ辿りついた。弓太郎はお忍びで外出中のあんみつ姫と知り合うが、あんみつ姫は甚内の化けた軽業師の魔法の箱に悪戯半分に入り、そのために甚内に囚われてしまった。弓太郎は姫を救いにとび込んだが、甚内は姫を抱いて雲にとび乗った。姫の運命は?(前編「妖術競べの巻」62分、後編「甘辛城の秘密」75分)...

スタッフ

監督
脚色
若尾徳平
新井一
原作
倉金章介
製作
滝村和男
山崎喜暉
撮影
遠藤精一
美術
島康平
音楽
浅井挙曄
録音
西尾昇
照明
島百味

キャスト

作品データ

製作年 1954年
製作国 日本
配給 東宝

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

DVD・ブルーレイ

独立愚連隊[DVD] ロマンス娘[DVD] 「さよなら」の女たち[DVD] 大当り狸御殿[DVD]
独立愚連隊[DVD] ロマンス娘[DVD] 「さよなら」の女たち[DVD] 大当り狸御殿[DVD]
発売日:2006年1月27日 最安価格: ¥3,849 発売日:2005年3月25日 最安価格: ¥3,849 発売日:2006年11月23日 最安価格: ¥3,791 発売日:2005年3月25日 最安価格: ¥3,849
Powered by 価格.com

他のユーザーは「あんみつ姫」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi