泥だらけの青春
ホーム > 作品情報 > 映画「泥だらけの青春」
メニュー

泥だらけの青春

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

確実な演技を誇るバイプレイヤー菅井一郎の第一回監督作品。監修は「足摺岬」の吉村公三郎、脚本は「どぶ」の新藤兼人、撮影は「かくて夢あり」の峰重義が当り、音楽は「緑の仲間」の伊福部昭の担当。出演者は「愛人」の三國連太郎、「どぶ」の乙羽信子、「風立ちぬ(1954)」の高杉早苗、「愛」の山内明のほか小杉勇、加東大介、滝沢修、清水将夫、石黒達也などである。

ストーリー

ドサ廻りの劇団ヴアンベールに属する加地茂樹、里村東介、奈々子の三人は、座長林の悪辣さに憤慨して脱退した。帰京した茂樹と東介は、エキストラ等をして働らいていた。茂樹は新映撮影所の宣伝部員北野に勧められ、ニューフェイスに応募した。宮森宣伝部長と沖山プロデューサーの目にとまった茂樹は、映画界に入り、一躍ベラテン女優京極真弓とのコンビで圧倒的な人気を得た。得意絶頂の茂樹は、真弓と乱脈な愛欲の生活を送り、彼を愛する奈奈子に冷く当った。入気スターとしてチヤホヤされてのぼせ上り、茂樹は自分の仕事に勝手な注文をつけ、また出演料の増額を要求した。彼の態度に怒った会社の幹部等は、彼の代りに新人の谷徹郎を起用した。慌てた茂樹は東亜映画へ出演を依頼したが、所長から真弓とのコンビならと言われ真弓を誘うが、相手にされなかった。一方、東介は地味ではあるが脇役として演技を認められ、奈々子と結婚をするという順調な道を進んだ。誰からも相手にされない落ち目の茂樹は、酒場で谷に会い喧嘩を売るが、バーテンに殴り倒された。顔中に包帯を巻いた茂樹は、東介と奈々子の結婚式に駈付け、二人に祝辞を述べるが、居並ぶ人人の好奇な眼差しから逃れる様に去った。式場を出た茂樹は、雨の街角の到る所に大きく張られた新人スター谷のポスターを食い入るように見つめていた。...

スタッフ

監督
監修
吉村公三郎
脚本
新藤兼人
製作
浅田健三
撮影
峰重義
美術
水谷浩
音楽
伊福部昭
録音
酒井栄三
照明
森年男

キャスト

作品データ

製作年 1954年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 93分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「泥だらけの青春」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi