美男天狗党
ホーム > 作品情報 > 映画「美男天狗党」
メニュー

美男天狗党

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「疾風愛憎峠」の小川正の原案より「風流あじろ笠」の八尋不二が脚本を書き、「ひよどり草紙(1954)」の内出好吉が監督している。撮影は「遊侠夫婦笠」の太田真一、音楽は「若旦那武勇伝」の木下忠司の担当。出演者は「快盗三人吉三」の北上弥太朗、「裸形家族」の藤乃高子、「若旦那武勇伝」の若杉英二、三井弘次などである。

ストーリー

水戸に天狗党が蜂起した幕末の動乱期。郷土田中源蔵と剣友藤田小四郎は各々異った道を歩んでいた。尊王攘夷を奉ずる小四郎は天狗党の指導者として山に篭るが、源蔵には別に何の主義主張もなかった。城下では天狗党一掃に乗り出し、小四郎の許婚者雪枝は源蔵の助けで山へ登った。その為、源蔵の両親は幕軍に斬殺されたので、山を降りた源蔵は始めて天狗党に味方する決心をし、土地の親分常蔵の身内と共にザンギリ頭に揃いの合羽を着込み立上った。人呼んでザンギリ合羽隊--。合羽隊の援助に天狗党では雪江を源蔵の許に使者に立て、敵襲に二人は危うくなるが、旅芸人弥之助夫婦の妹で源蔵に思慕を寄せるおみちに助けられた。雪枝と源蔵の間には何時か淡い恋心が芽生えていたが、那珂の湊での再会を約して雪枝は山へ帰った。那珂で小四郎と落ち合った源蔵は、敵に捕えられた雪枝を一切の私情は小事と救け様ともせぬ小四郎を罵倒し、みちの知らせで雪枝の居所を知った源蔵は馬を飛ばして雪枝を救け出した。源蔵、雪枝が愛し合っている事を始めて気付いた小四郎は、源蔵の友情の舟に乗って京へ向った。その直後、雪枝は砲弾に倒れ、源蔵も敵弾を受けて雪枝の死体の上に折り重って倒れた。...

スタッフ

監督
脚本
八尋不二
原案
小川正
製作
岸本吟一
撮影
太田真一
美術
川村鬼世志
音楽
木下忠司
録音
奥村泰三
照明
蒲原正次郎

キャスト

作品データ

製作年 1954年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 95分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi