股旅しぐれ
ホーム > 作品情報 > 映画「股旅しぐれ」
メニュー

股旅しぐれ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「沖縄健児隊」の大谷浩通製作の股旅中篇で「朝霧(1953)」の中山隆三のオリジナル・シナリオから「流れの旅路」の小林桂三郎が監督した。撮影も同じく「流れの旅路」の赤松隆司、音楽担当は「勢揃い 大江戸六人衆」の加藤光男である。出演は「朝霧(1953)」の若杉英二、「若旦那の縁談」の榎本美佐江、「とのさま街道」の藤代鮎子、桂小金治など。

ストーリー

板鼻の音造親分の鉄火場で、疾風の又七は、お神楽半次のイカサマをあばいて悠然と立ち去った。半次は先廻りして又七を待ち、さいころで真剣勝負を挑んだ。又七は負けたが、半次のわざには感心した。渡し守源兵衛の茶屋では、音造や乾分の野晒しの百助、東条辰之進が払えぬを承知の借金の強談判の真最中だった。十手取縄とイカサマ博奕の二足草鞋を履く音造は、娘のお雪が目当である。又七は源兵衛を救った。お雪や弟の亥之吉は又七に感謝したが、今は堅気になっている源兵衛は喜ばなかった。料理屋「桔梗屋」の酌婦お吉は又七に参っていた。又七は源兵衛が回復する迄、渡舟を漕いでやった。音造一家の圧迫は烈しくなり、お雪と亥之吉は又七を心から慕い信頼した。源兵衛は冷たかった。音造一家の無暴が近所に迄及んだ時、源兵衛は又七に彼が昔やくざの義理で旅に出た留守に女房が自殺したこと、娘は堅気の家へ嫁がせたいこと等すべてを語った。又七はお雪を愛していることを語った。音造の酒宴の席で、半次は音造が源兵衛の女房に惚れて、云いよったのでお雪の母が自殺したと聞いた。半次は又七に知らせ様としたが辰之進に切りつけられた。源兵衛の家で死んだ半次を前に源兵衛は怒ったが、なすすべもなかった。又七が単身のりこみ、音造一家の者を倒した。追いすがる亥之吉の手を振り払って、又七は雨の中に姿を消した。翌朝、又七の後を追うお吉と彼の並んだ姿が明るい街道を遠ざかって行った。...

スタッフ

監督
脚本
中山隆三
製作
大谷浩通
撮影
赤松隆司
美術
桑野春英
音楽
加藤光男
録音
西崎英雄
照明
須藤清治

キャスト

作品データ

製作年 1954年
製作国 日本
上映時間 40分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi