今宵ひと夜を
ホーム > 作品情報 > 映画「今宵ひと夜を」
メニュー

今宵ひと夜を

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

広津和郎の「入江の町」を「にごりえ」の井手俊郎が脚色し、「幸福さん」の千葉泰樹が監督した。「青春銭形平次」の遠藤精一が撮影にあたっている。「誘蛾燈」の八千草薫、「喧嘩駕篭」の沢村貞子、澤村國太郎「わが恋はリラの木蔭に」の中山昭二、「鉄腕涙あり」の平田昭彦、「風雲八万騎」の三浦光子、「にごりえ」の中村伸郎などが出演。

ストーリー

瀬戸内海の美しい入江の町に寿屋という料理屋兼旅館がある。清作とお浜の主人夫婦は、かつてハワイに出稼したお人好しで一人息子の清一は東京の大学に行っている。年嵩の女中おけいは貧乏な漁師の娘で、小間物屋開業の金をためようと欲気で働き、お美代は二十七、八の女盛り、男好きで現在はセールスマンの小泉に現つを抜かしているが、若旦那の清一にも気がある様子。若いお春は下働きから最近お座敷に出たが、純情可憐のおぼこで、これも清一が好きらしい。そこへ尾道の料亭から流れて来た三十二、三のおしまが加った。男を信じないあばずれ女である。寿屋は山長、丸八、海野、池津など町のボス共が常連である。皆ひそかにお春を狙っているが彼女の身持は堅い。小泉と駆落したお美代は、男が妻子のある安月給取りと分って又舞戻って来た。学校の休暇で清一が帰って来たので、お春とお美代は心をこがしている。おけいは資金が出来てこの町を去った。或日派手な若い男女が来て皆の羨望の的となったが、間もなくやって来た刑事に引かれて行った。旅役者右左衛門は昔の愛人に似たおしまに好意を持つが彼女は男の愛を信じない。お春と清一の仲は急速に進み、お美代は嫉妬に燃えたが、心を取り直して二人を東京へ逃がしてやろうとする。二度目に訪れた右左衛門の愛情に、おしまは苦労も承知で彼と一緒になった。若いお春と清一にも幸せが訪れるだろうか。...

スタッフ

監督
脚色
井手俊郎
原作
広津和郎
撮影
遠藤精一
美術
北辰雄
音楽
大沢寿人
録音
森武憲
照明
田辺憲一

キャスト

作品データ

製作年 1954年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 89分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi