血闘 利根の夕霧
ホーム > 作品情報 > 映画「血闘 利根の夕霧」
メニュー

血闘 利根の夕霧

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「妻の喜び」の田畠恒男が自作のオリジナル・シナリオによって監督した。戦後大船では初の時代劇(喜劇を除く)。撮影は「母の誕生日」の井上晴二、音楽は「悲しき瞳」の万城目正。「次郎吉娘」の若杉英二、藤代鮎子、「純潔革命」の高千穂ひづる、「残侠の港」の徳大寺伸などか主演する。

ストーリー

天保年間--大利根の流れを挾んで飯岡に拠る助五郎、笹川に拠る繁蔵の両雄は何かにつけ張合う仲である。笹川八幡の境内で両派の身うちの小競合いが起り、飯岡方、州の崎の政吉の活躍から笹川方は手痛い目にあったが、笹川一家の関戸の辰の仲裁で事はおさまった。真面目な政吉は両家のいざこざがいつもこちらが仕かけているらしいのに不満を感ずるが、これはすべてまむしの伊三郎の指金、彼は親分の助五郎を恨む気になれない。--笹川一家から花会の招待状が届いたが、助五郎はやはり伊三郎の言葉で自身出かけず政吉を名代に志も五両と僅小な額をきめる。諸国の貸元衆があつまった中で、政吉は恥しさに唇を噛むが、意外、繁蔵が壁に貼り出した紙には百五十両也とあった。その温いとりなしに感激した政吉は爾後両派の和解に尽力するが、一向効がない。ひとり苦しい酒をあおる彼の唯一の理解者は許婚--助五郎の娘お千代だった。伊三郎の策謀いよいよはげしく、ついに助五郎は繁蔵方へ殴り込みをかけようとする。反対する政吉を繁蔵の犬とののしるしまつに、意を決した彼は、殴り込みの一番手を買って出た。--利根の河原で繁蔵とわたりあった政吉は、突如その刃の前に無手で身をなげかける。それより法はなかった。駆けつけたお千代の腕に抱かれて、彼は息絶えた。...

スタッフ

監督
脚本
田畠恒男
撮影
井上晴二
美術
桑野春英
音楽
万城目正
録音
吉田庄太郎
照明
須藤清治

キャスト

作品データ

製作年 1953年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 44分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi