次郎吉娘
ホーム > 作品情報 > 映画「次郎吉娘」
メニュー

次郎吉娘

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

全国十新聞に連載された邦枝完二の時代小説を、「旗本退屈男 八百八丁罷り通る」の鈴木兵吾と「月形半平太(1952)」の永江勇が脚色し、「大学の龍虎」の酒井辰雄が監督している。撮影も「大学の龍虎」の関根重行。音楽は「真珠母」の奥村一と吉沢博の共同担当。主要キャストは「女だけの心」の若杉英二と「雪間草」の紙京子が時代劇初出演し、ほかに「ひばり捕物帖 唄祭り八百八町」の藤代鮎子、ニューフェース西田智が出演している。

ストーリー

日本橋の薬種問屋加賀屋の一人娘おもんは、彼女に横恋慕した旗本林田源十郎に拐かされ深川の船宿海老屋の二階で慓えている所を、忽然と現れた鼠小僧と名乗る男に助けられた。鼠小僧とはその頃江戸で貧乏人に金を恵む、庶民の人気の的となっている怪盗だった。次郎吉は、次郎と名乗って海老屋の船頭に化け、隣家の目明し勘五郎の娘お直とはわりない仲で、お直は既に次郎の子供を孕んでいたが、何も知らない勘五郎は、「加賀屋の娘を背負い込んでるって話だから鼠も今夜は危ねえな」と語るのだった。夜の静寂を破って聞える呼子の音を聞きながら、おもんは次郎吉の家の二階で、自分を救ってくれた次郎の身の危機に胸を傷める。と、そっと入ってきたお直がおもんを見付けて動揺の色を浮べた時、次郎が鼠である事を突きとめた源十郎一味の岡っ引朝吉が、舟を出してくれと入ってくる。朝吉に応じて次郎が海老屋の裏迄来ると、突如源十郎一味が現れる。次郎をかばってお直は源十郎の太刀に倒れた。弟分の御家辰に後をまかせて、おもんの許へ走ったが、おもんは意外に勘五郎にかくまわれていた。実は勘五郎は次郎の正体を知りつつもお直の亭主にと決めていたのだ。次郎吉はおもんを家に届けてから勘五郎の縄にかかる覚悟をきめた。その時戸板に乗せられたお直が帰ってきた。...

スタッフ

監督
脚色
鈴木兵吾
永江勇
原作
邦枝完二
製作
市川哲夫
撮影
関根重行
美術
大角純一
音楽
奥村一
吉沢博
録音
高橋太朗
照明
仙波正巳

キャスト

作品データ

製作年 1953年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 43分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi