飛びだした日曜日
ホーム > 作品情報 > 映画「飛びだした日曜日」
メニュー

飛びだした日曜日

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

戦時中航空教育資料研究所で現東宝技師長岩淵喜一が研究した立体映画方式(トービジョン)第一回作。二台のカメラに両眼の視差を与えて撮影、映写の際偏光板装置のうえ、金属性スクリーンにうつすというナチュラル・ヴィジョン、トリオプティコンと同種の方式である。観客はポロライド眼鏡をつける。(詳細は本誌62号「トービジョンの話」参照)。脚本・監督村田武雄によるこの作品は「飛びだす」効果をより強いものにするため、遊園地に舞台をとって遊動円木、飛行機、ブランコ等の活用をはかっている。大助、京子たちの十代の少年少女が遊園地にでかけ、一日をたのしく遊びくらすという梗概である。

スタッフ

監督
脚本
村田武雄
製作
金巻博司
撮影
安本淳
美術
北猛夫
音楽
芥川也寸志
録音
龜山正治
照明
城田正雄

キャスト

作品データ

製作年 1953年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 10分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi