めぐり逢い(1953)
ホーム > 作品情報 > 映画「めぐり逢い(1953)」
メニュー

めぐり逢い(1953)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「その夜の妻」でデビューした池田浩郎の第二回作品。原作は須藤雅子(松竹製作本部勤務)の『明星』掲載「パン・アメリカン機十三時三十分発」。「初恋おぼこ娘」の光畑碩郎が脚色し、「東京やんちゃ娘」の坂本松雄が撮影した。音楽は「落葉日記」の奥村一。出演は「女だけの心」の草間百合子、「乙女の診察室」の井川邦子、「新東京行進曲」の須賀不二男、「落葉日記」の高友子など。

ストーリー

前川頼子、菊島道子はアパートに共同生活しながら同じ会社にかよう親友である。ふとしたことから二人は藤本宙五という青年をしり、戦死した恋人に生写しのかれに道子は胸をときめかすが、むしろ相手は趣味や性格のあう頼子に心をひかれる。彼女らの友情は互いに恋を譲りあい、とどのつまり二人が二人ながら姿を消す。--五年を経て、宙五は社用で渡米することになり、固疾を治そうと耳鼻科医戸倉修吉の診察をうける。戸倉の妻が意外にも道子であった。五年頼子を想いつづけた彼は早速その消息をただすが、道子にも要領をえなかった。渡米当日、パン・アメリカン機の出発まであと三十分というまぎわ、突然かけつけた戸倉は頼子の居所がわかったことをつげる。結婚生活に破れた彼女は、いま偶然にも戸倉の勤める病院に病む躯を托していたのだ。肺の重患である。急遽かけつけた宙五は刻一刻出発時間に追われつつ頼子に心をうちあけ、彼女のかわらぬ愛をもたしかめた。やがて時間。一旦は空港にむかった彼も、思いなおし、彼女の枕頭にとってかえす。一切の将来をなげうち、頼子ともども生きるつもりであった。...

スタッフ

監督
脚色
光畑碩郎
原作
須藤雅子
製作
久保光三
撮影
坂本松雄
美術
熊谷正雄
音楽
奥村一
録音
栗田周十郎
照明
鈴木茂男

キャスト

作品データ

製作年 1953年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 42分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi