十代の性典
ホーム > 作品情報 > 映画「十代の性典」
メニュー

十代の性典

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

企画及び脚本は「明日は日曜日」の土井逸雄と、脚本には須崎勝弥に赤坂長義が協力している。監督は「リンゴ園の少女」の島耕二、撮影は相坂操一の第一助手だった中川芳久の第一回担当である。出演者の主なものは、「街の小天狗」の若尾文子と見明凡太朗、「あの手この手」の津村悠子、「神州天馬侠(1952)」の沢村晶子と長谷部健、「ひめゆりの塔(1953)」の小田切みき、千田是也、東野英治郎、小沢栄などの俳優座幹部に、女医常安田鶴子、「二十の扉」の柴田早苗などの特別出演がある。

ストーリー

十七歳の高校生西川房江は生理日の変調からふっと同級生高梨英子の財布を盗み、これに不良学生がからんでようやく事件がうるさくなったところを、教師小野の温情ある処置で大過なきを得た。財布より発見された英子のラブ・レタアが学生達の口のはに上るが、英子は当の恋人--上級生三谷かおるの心が最近大学生新田の上に移ったことを悲しんでいた。一方、事件以来何かと傷つきやすい房江は、路上で一万円の包みを拾う。すぐ届けようとは考えたものの、電燈料の欠納で集金人に頭を下げつづけの父の姿をみると、たまらなくなって一千円を抜き出す。そのまま届出ることができず、穴を埋める算段に心を痛めながら、街をさまよった。数ケ月後。--英子の傷心をあとにかおるは卒業し、新田、美校生の中津川麻子等をめぐる若いグループの一員となる。グループの諏訪湖行きの計画には、乙女らしい警戒心からのりかねていた彼女も、その当日訪れた英子の稚げな情熱がただうとましく思われるまま、俄かに出発を決心した。スケートに熱中のあまり氷の割れ目に落ちた彼女は、服を乾かす間露わしたその肉体に、優しい平常と打って変る獣的な新田の眼差しを感じた。恐怖と絶望とで、彼女は狂気のように湖岸に走り、身を投げる。その夜新田と間違いを犯した麻子も、帰京後、子宮外妊娠で床に臥した。--愕き、後悔にひしがれた新田は、やがてふと立寄った飲み屋で、千円の穴を自身の肉体の代償で埋めようとする、悲痛な房江の姿を見るのである。...

スタッフ

監督
脚本
須崎勝弥
赤坂長義
企画
土井逸雄
撮影
中川芳久
美術
高橋康一
音楽
斎藤一郎
録音
米津次男
照明
柴田恒吉

キャスト

作品データ

製作年 1953年
製作国 日本
上映時間 81分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

DVD・ブルーレイ

続十代の性典[DVD] 十代の性典[DVD] 赤い天使[DVD] 忠臣蔵[DVD]
続十代の性典[DVD] 十代の性典[DVD] 赤い天使[DVD] 忠臣蔵[DVD]
発売日:2016年5月27日 最安価格: ¥1,854 発売日:2015年12月18日 最安価格: ¥2,000 発売日:2012年11月16日 最安価格: ¥1,854 発売日:2004年12月10日 最安価格: ¥5,076
Powered by 価格.com

他のユーザーは「十代の性典」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi