天狗の源内
ホーム > 作品情報 > 映画「天狗の源内」
メニュー

天狗の源内

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「その夜の誘惑」に次ぐ宝塚映画。脚本は中西順三、「恋の捕縄」の倉谷勇が監督している。撮影は「その夜の誘惑」と同じく藤井春美。出演者は、「恋の捕縄」の山茶花究、宝塚歌劇月組組長故里明美の映画初出演、久しぶりの江見渉の外、寺島雄作、杉山昌三九の脇役陣、宝塚歌劇団、宝塚新藝座などが賛助出演している。

ストーリー

田舎廻りの一座をドロンした大根役者の半也は、大利根の渡し場で舟賃を払わず逃げ出し小屋掛けの芝居へ侍姿に扮装してとび込んだ。折から土地のならず者エンマの権九郎と鯰のたあ公とがいんねんをつけているのを、眞岡一家の用心棒の一人、花の大きな巻田源内がしずめた。源内は一座の花形錦太夫の気高い美貌にうっとりとなり、彼女も彼の鼻には腹をかかえてふき出した。その帰途、源内は半也をひろって眞岡の用心棒に推せんした。或る日眞岡一家へ挨拶に来た錦太夫たちに、酒くせの悪い儀十がからんで行ったとき、源内の入智恵で留男となった半也が思わぬところで男をあげ、それ以来錦太夫は半也に好意を持った。字も書けない半也は源内に恋文を書いてもらった。源内は想う錦太夫が半也の恋の相手と知ってがっかりするが、けなげにも半也の文使いまでし、掛小屋の外で即興歌まで歌う。その歌にさそわれた錦太夫は、小屋の外のくらがりで源内を半也と思い込んで楽しいささやきに時をすごした。さて翌晩も二人が逢う瀬をたのしもうとしたとき、とたん鳴り渡る法螺貝の音に、大利根をはさんで眞岡一家と大場一家の衝突となり、源内も半也もかけつけなければならなかった。源内のとめるのもきかず半也は奮戦のまん中にとび込み、あえない最後をとげ、源内も致命の重傷を負った。駆けつけた錦太夫は鼻の源内こそ恋をささやいた相手と知り、いとしさのあまり力一ぱい源内を抱きしめた。薄れゆく意識の下に源内はうれしそうな微笑を浮かべて死んで行った。...

スタッフ

監督
脚本
中西順三
撮影
藤井春美
美術
西七郎
音楽
河村篤二
録音
竹川昌男
照明
田邊憲二

キャスト

作品データ

製作年 1953年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 75分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

愛のきずな[DVD] 渥美清の泣いてたまるか VOL.5[DVD] 喜劇 駅前競馬[DVD] 雁の寺[DVD]
愛のきずな[DVD] 渥美清の泣いてたまるか VOL.5[DVD] 喜劇 駅前競馬[DVD] 雁の寺[DVD]
発売日:2009年10月23日 最安価格: ¥3,791 発売日:2013年1月1日 最安価格: ¥1,728 発売日:2010年10月22日 最安価格: ¥3,849 発売日:2005年9月23日 最安価格: ¥3,791
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi