娘十九はまだ純情よ
ホーム > 作品情報 > 映画「娘十九はまだ純情よ」
メニュー

娘十九はまだ純情よ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

雑誌「東京」に連載された鹿島孝二の小説から「恋の蘭燈」の井手雅人が脚色し「エノケンの石川五右衛門」の毛利正樹が監督している。出演者は、「風の噂のリル」でデビューした新人南寿美子と久しぶりの灰田勝彦を主役に、沢村貞子など中堅助演者、「あきれたぼういず」のメンバーに、金語樓、木戸新太郎などの喜劇俳優を加えている。

ストーリー

墨田河畔に近い下町の理髪店の娘郁子はIデパートの評判売子であったが、明朗活発、野球が何より好きという、さっぱりした娘であった。父の金作は、元陸軍の軍楽隊にいたというだけあって、店の仕事はそっちのけでカミソリバンドなる怪しげなバンドを組織して熱を入れていた。郁子の店で女店員が集まり女子野球チームが結成され、某デパートと対抗試合をすることになったが、郁子はもちろんそのメンバーの一人だった。監督は医務室勤務の博士の卵竹井茂雄という女嫌いで通った男。自然その訓練も女ということを頭に入れない猛烈なもので、さすがの郁子も、その横暴をふんがいして断乎闘争を宣言した。しかし町内の納涼祭にカミソリバンドが越後屋の義太夫と対抗しなければならなくなり、郁子は竹井に講和を申込んで彼の黒田節で応援に出てもらった。それ以来二人は親しさを増したが、越後屋は貸金をたてに郁子を息子の嫁にといって来た。折も折、郁子はグランドで大怪我をした。その病床に初めて郁子の生みの母親が現われた。茂雄の伯父久野博士と再婚のとき郁子を金作夫婦にあずけて行ったのだった。秋晴れの対抗試合の日、郁子はこれを最後に久野家に引とられ、茂雄と結婚という重なるよろこびを胸にひめ、力一ぱい敢闘するのだった。...

スタッフ

監督
脚本
井手雅人
原作
鹿島孝二
製作
井内久
撮影
岩佐一泉
美術
伊藤寿一
音楽
大森盛太郎

キャスト

作品データ

製作年 1952年
製作国 日本
上映時間 78分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi