クイズ狂時代
ホーム > 作品情報 > 映画「クイズ狂時代」
メニュー

クイズ狂時代

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

製作は「水色のワルツ」の三上訓利、「さくらんぼ大将」の清島長利の脚本で、「栄冠涙あり」と佐藤武が監督に当っている。撮影はブレイクストン作品「運命」の星島一郎。出演者の主なものは、「続三等重役」の小林桂樹に、元宝塚の百ちとせ改め東映がニュー・スターとして売出す阿井三千子、落語家古今亭志ん生、丹下キヨ子、野球選手として巨人軍、毎日、浪花節物真似師の宮田洋々、レコード歌手榎本美佐江、宇都美清、宮城まり子などが喜劇配役陣にまじって出演している。

ストーリー

小山五作は得意のクイズで身を立てようと、佐渡ガ島から上京したが、SOS放送局ではていよく追いかえされた。そこでソバ屋の伯父夫婦の所に居候していたが、ピース化粧品会社社長秋山女史に小林桂樹に似た容貌を買われ、宣伝部員に採用された。五作は大喜びで早速恋人のお光ちゃんに知らせた。ところが宣伝部員とは実はサンドウィッチマンのことであったと判ったときには遅く、お光ちゃんは早くも上京、恥しい姿を見られまいと逃げまわる五作のことをすっかり誤解してしまった。お光ちゃんもそのまま田舎へ帰られず、待合「君小松」の女将の世話で芸者になり、更に人気歌手NO.1になってしまった。その上お光ちゃんこと光奴の後楯はピース化粧品の競争相手中島化粧品会社の社長であった。 五作は、中島の娘みどりのため、五作の得意とするクイズの内容をすっかり盗まれ、秋山女史から馘を申渡された。お光ちゃんを失い、職を失った五作は、失意の身を故郷へ帰ろうとするが、みどりの同情からお光ちゃんの誤解も解け、佐渡へ渡る船の中には、五作とお光ちゃんの睦しげな姿が見られた。...

スタッフ

監督
脚本
清島長利
製作
三上訓利
撮影
星島一郎
美術
森幹男
音楽
利根一郎

キャスト

作品データ

製作年 1952年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 92分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

独立プロ名画特選 ここに泉あり[DVD] 耳をすませば[DVD] 黒い画集 あるサラリーマンの証言【期間限定プライス版】[DVD] 激動の昭和史 軍閥[DVD]
独立プロ名画特選 ここに泉あり[DVD] 耳をすませば[DVD] 黒い画集 あるサラリーマンの証言【期間限定プライス版】[DVD] 激動の昭和史 軍閥[DVD]
発売日:2013年1月26日 最安価格: ¥3,201 発売日:2002年5月24日 最安価格: ¥3,681 発売日:2014年9月17日 最安価格: ¥2,700 発売日:2015年5月20日 最安価格: ¥1,963
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi