初恋トコシャン息子
ホーム > 作品情報 > 映画「初恋トコシャン息子」
メニュー

初恋トコシャン息子

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ニュースタイルの喜劇俳優、「安宅家の人々」の大泉滉の持ち味を主役に活かそうという目的で丸尾長顯が企画を立て、「呼子星」の笠原良三がシナリオを書いている。監督はかつての新興の喜劇監督沼波功雄。撮影は岡崎宏三。出演者は大泉滉を中心に、「チャッカリ夫人とウッカリ夫人」の金語樓、「魚河岸帝国」の野上千鶴子、ビクターの榎本美佐江、上山草人、伴淳三郎、小林桂樹、杉狂兒等多彩な顔ぶれである。なお女子球団三共レッドソックスが特別出演している。

ストーリー

鰹節問屋の息子安男は年頃になっても一向に女に関心を寄せないので、親族一同は思案の末、色道の権威敬之進の指南で春のめざめを促進させることにした。しかしさすがの敬之進もこの堅物には手を焼く始末だった。ところがある日、急に安男が落語家になりたいと言い出して、とうとう今輔の内弟子となった。つらい下積みの修業の甲斐あって、まもなく安男は楽屋見習として樂々亭に出ることになったが、近所のそば屋の娘町子はそんな安男に好意を持っていた。樂々亭の小屋主金助は顔役黒沼から金を借りており、寄席を渡すか娘の絹子を渡せと迫られていた。私の身体で小屋が救えるならと悲壮な決心を語る金助と絹子の話を盗み聞いた安男は胸が熱くなった。実は初めて安男が樂々亭に来た時に絹子から受けた親切が、安男を落語の道に引き寄せたのである。安男は家に融通を頼んだが、絹子には既に正木という恋人があった。安男が高座に上がる日は、樂々亭が黒沼に渡る日でもあった。傷心の安男は町子の店でヤケ酒をあおり、落語にも失敗した。黒沼は大勢の子分を連れて押し寄せ、安男はバチを持って闘った。がその時、安男が家に頼んでいた金が届いた。安男の武者修行はこうして終わった。絹子と正木は結婚し、樂々亭は元通り笑いを振りまき、そして安男は家に帰って働いた。ある日店先に荷物が届いた。それは花嫁衣裳の町子の姿であった。...

スタッフ

監督
脚本
笠原良三
企画
丸尾長顯
製作
井上清
撮影
岡崎宏三
美術
下河原友雄
音楽
松井八郎

キャスト

作品データ

製作年 1952年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 80分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi