愛情の決闘
ホーム > 作品情報 > 映画「愛情の決闘」
メニュー

愛情の決闘

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

製作は「郷愁」の山口松三郎が当たり、富田義朗が脚本を書いている。「母の願い」の佐々木啓祐が監督を、同じく鶴見正二が撮影を受け持っている。出演者は「黄色い鞄」の土紀就一が抜擢されて主演し、「東京騎士伝」の安部徹、「女のいのち」の水原真知子の他、吉川満子、小藤田正一、島村俊雄などである。

ストーリー

S湖畔の丘の上に古ぼけた記念碑が立っている。その表には「松本勇作君遭難記念之碑」と書かれているが、ある日ハイキングの若者たちに問われるまま、村の一老人が次のような物語をした。今から四十年前、力の強いことを喜ぶこの村で、村一番の力持ち、樵夫の後藤健吉が、村の青年たちを牛耳って青年会の会長を兼ねていた。一膳めし屋「鈴屋」の一人娘順子は青年たちの憧れの的であったが、健吉は当然順子を自分の女房にと一人で心に決めているのだった。宵祭りの日、十五年ぶりで健吉の幼なじみの松本勇作が村へ帰ってきた。この村の小学校の教師として赴任してきたのだった。勇作は「鈴屋」に下宿しながら学校へ通っているうちに、自然に順子と親しみを増していったが、健吉はそれが面白くなく、やめていた酒とバクチに手を出し始めた。健吉の生活が荒んでいくのを見て、勇作は順子に対する想いを諦めなければならないと思い、順子も勇作の心が分からないままに、健吉から強引に迫られて彼と結婚してしまった。二人の間には子供まで生まれたが、この結婚生活は決して幸福とはいえなかった。健吉には相変わらず酒浸りの日々が続いたからだった。ある日湖を越えて夫婦が両親に初孫を見せに行く途中、湖上で大暴風雨にあい、舟が転覆しそうになった。この時勇作が釣り舟をこぎ出して彼らを救った。しかし勇作は逆に溺死した。勇作の所持していた母の写真の裏に、「争うことなく愛することこそ真の勇気である--母より」の署名があり、健吉は自分のこれまでの蛮勇ぶりを反省させられた。そして今しみじみとその物語を語る老人こそ、その健吉なのだった。...

スタッフ

監督
脚本
富田義朗
製作
山口松三郎
撮影
鶴見正二
美術
平高主計
音楽
万城目正

キャスト

作品データ

製作年 1952年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 43分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi