高原の悲歌
ホーム > 作品情報 > 映画「高原の悲歌」
メニュー

高原の悲歌

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ニューカレントプロと東京プロとが提携して作ったもので早川秀夫と原千秋の二人が製作に当たっている。脚本は原千秋に外山凡平が協力し、監督は原千秋。撮影は柳瀬小十郎である。出演者は立松晃、木匠久美子、岸旗江等。

ストーリー

山峡の温泉旅館に療養に来ていた東京のある商事会社の若主人鹿野浩二は、その宿の娘恵子と愛し合うようになるが、恵子の姉の玲子も浩二を愛して、恵子との間を裂く策略をする。恵子はそのため姉と浩二との間を疑って悲しい日が続くが、浩二はいよいよ東京へ帰るためにお別れのダンス・パーティを開いた夜、浩二の誠意のこもった言葉をきいて誤解もとけた。しかし帰京した浩二を待っていたのは会社の破産という悲しい事実で、それを救ってくれるという三田は、その代りに娘の千津子を妻にもらってくれという。浩二は恵子への愛情からこれをことわったが、浩二を追って上京した恵子は、浩二と千津子の二人の仲むつまじそうな姿を見て失望し、浩二には会わず一人で働きつづけついに無理がたたって病を得、故郷に帰って死の床についた。浩二が電報でかけつけたときには、彼の愛の手紙を抱いて恵子は息をひきとったあとで、浩二は楽しかった思い出の高原をひとりさまようのだった。...

スタッフ

監督
脚本
外山凡平
原千秋
製作
早川秀夫
原千秋
撮影
柳瀬小十郎
音楽
横田昌久

キャスト

作品データ

製作年 1952年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 76分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi