大当りパチンコ娘
ホーム > 作品情報 > 映画「大当りパチンコ娘」
メニュー

大当りパチンコ娘

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

製作は「東京河童まつり」の杉原貞雄で、大草史郎が脚本を書き、「歌くらべ青春三銃士」の斎藤寅次郎が監督に当たっている。カメラは「東京河童まつり」の友成達雄。出演者は、柳家金語楼、古川緑波以下「東京河童まつり」のメンバーに、「この春初恋あり」の関千恵子、石黒敬七、並木一路、石田一松、徳川夢声などが加わっている。

ストーリー

パチコ・ホール三楽軒の看板娘久美子は、古山商事の社長古山大作の息子圭一と愛し合っているが、古山夫人は高利貸柴山の口利きで大道重鉄業の娘と圭一とを結婚させたいと策略をめぐらせている。久美子の父金助は賭事に凝って母のお時と喧嘩別れをしたまま行方不明だったが、今では古山商事の小使いをしながら、昔の家庭を恋しがっているのだった。社長の大作も、出征中優しい慰問袋を送ってくれた久美子に逢いたがっていた。三楽軒も、パチンコの天才の、田口や河村のため、商売が上がったりになり、その上古山夫人の指金で、高利貸の柴山からの圧迫があり、お時は娘のゆう子を金持ちのご隠居の許へ奉公に出さなければならぬ破目になってしまう。やがて柴山が悪どい奥の手を出して、乾分を三楽軒にさしむけ、営業妨害をした上、久美子を拉致しようとしたとき、常連のお客が結束して柴山打倒に立ち上がった。やがて柴山は不正金融で逮捕され、古山大作のきも入りでお時と金助は和解し、圭一と久美子も結ばれ、ゆう子も無事両親の許へ帰ることが出来た。...

スタッフ

監督
脚本
大草史郎
製作
杉原貞雄
撮影
友成達雄
美術
加藤雅俊
音楽
古關裕而

キャスト

作品データ

製作年 1952年
製作国 日本
上映時間 88分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi