浮気のすすめ 女の裏窓
ホーム > 作品情報 > 映画「浮気のすすめ 女の裏窓」
メニュー

浮気のすすめ 女の裏窓

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 上映中の映画館
最新情報はこちら

解説

吉行淳之介のエッセイを、「銀嶺の王者」の椎名利夫が脚色し「暴れん坊三羽烏」の番匠義彰が監督した風俗喜劇。撮影は「続番頭はんと丁稚どん」の太田喜晴。

ストーリー

平和住宅新報社の守衛大宮兼吉は、社長に挑まれている事務員の啓子を救ったことから、クビになった。兼吉は、藤堂初子という結婚相談所長と知り合い、彼女の秘書となった。だがこの相談所は、いってみればポン引き的機関だった。兼吉はポン引きトン公の紹介で、旧赤線街で助産婦をやっている人妻時江を知った。病気の夫と子供をかかえた時江には、さすがに兼吉も手が出なかった。啓子は今は喫茶店に勤めていた。しばしば兼吉の家へやってきた。兼吉の息子浩吉といい仲である菊江は、浩吉と啓子の間を勝手に嫉妬し、浩吉を婦女暴行の罪で警察に訴えた。そして、兼吉に一万円を要求した。だが、トン公が実は菊江のヒモと分ってケリがついた。浩吉は釈放されたが、トン公の話では菊江は心から浩吉に惚れていたという。浩吉は工場をクビになり、警察で知り合ったグレン隊の源太郎と仲よくなった。ある日エロ映画を見せられたところ、出ている男がオヤジの兼吉なのに驚いた。帰った浩吉は、折から訪れた啓子を見てヤケバチな気持から彼女に挑んだ。その時帰宅した兼吉、怒って浩吉を殴った。エロ映画の一件は、源太郎の仕組んだいたずらで、兼吉は何も知らずにやったことだった。数日後、兼吉は藤堂女史に連れそって女史の自由恋愛講演のため京都へ発った。そして急病の女史にかわって花街の芸妓たちの前で講演をやらされてしまった。ほうほうの態でその場を逃げ出し、旅館に帰ったが、彼を待っていたのは以前相談所を訪れた中年の紳士、実は警視庁の吉村刑事だった--。...

スタッフ

監督
脚色
椎名利夫
原作
吉行淳之介
製作
杉山茂樹
撮影
太田喜晴
美術
川村芳久
音楽
牧野由多可
録音
福安賢洋
照明
蒲原正次郎

キャスト

作品データ

製作年 1960年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 88分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

源氏物語[DVD] 寺内貫太郎一家 BOX(3)[DVD] 寺内貫太郎一家2 BOX(2)[DVD] 日本侠客伝 白刃の盃[DVD]
源氏物語[DVD] 寺内貫太郎一家 BOX(3)[DVD] 寺内貫太郎一家2 BOX(2)[DVD] 日本侠客伝 白刃の盃[DVD]
発売日:2005年9月15日 最安価格: ¥9,255 発売日:2006年4月28日 最安価格: ¥16,006 発売日:2006年12月20日 最安価格: ¥16,006 発売日:2014年12月5日 最安価格: ¥2,389
Powered by 価格.com

他のユーザーは「浮気のすすめ 女の裏窓」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi