浅草姉妹
ホーム > 作品情報 > 映画「浅草姉妹」
メニュー

浅草姉妹

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

小林桂三郎の脚本を、「美しき別れの歌」の森永健次郎が監督した歌謡映画。撮影も「美しき別れの歌」の山崎安一郎。

ストーリー

浅草六区にある小料理店“おくやま”で働く板前の信夫は明るい青年だった。三年前、店の主人常吉に連れられて来た信夫は、一人前になり、今では調理場をまかされていた。常吉の娘京子とは恋仲だった。アパートでは、三味線流しの栄子、葉子の双児姉妹から兄のように慕われた。信夫は戦災孤児だった。二人の仲を知らない常吉は、京子の結婚相手に、根岸の料亭の二男を決めていた。たまたま新聞を見た信夫は顔をこわばらせた。銀行強盗をした柏木が都内に潜入しているというのだった。京子に呼び出された信夫がデパートの屋上で待っていると、柏木の情婦ルミが呼びとめ、信夫を柏木の許につれて行った。--戦災孤児の信夫は盛り場をうろつくうち、指先の器用さから金庫のダイヤル合わせを覚え、検挙されて少年院に送られた。それまで何回か、危い所を救ったのが柏木だった。柏木は昔の恩返しに、信夫にもう一度指先を借してくれと頼んだ。しかし堅気になった信夫の決心は堅く、断った。翌日から柏木のいやがらせが始まった。京子の身の危険を知った信夫は、柏木の頼みを聞き、常吉に店をやめると申し出た。怒った常吉は京子に信夫の前歴を打ち明けたが、京子の愛情は強かった。京子は信夫をさがしに出た。その頃、あるビルに忍び込んだ柏木とその乾分、そして信夫が大金庫の前に立っていた。開けるとみせかけて柏木の拳銃を奪った信夫は、非常ベルに手をかけた。しかし柏木は、いつの間にか京子の体をかかえていた。突然非常ベルが鳴り、パトロールのサイレンが轟いた。京子をつけて来た栄子と葉子のお手柄だった。かけつけた常吉は、信夫と京子の肩を抱いて嬉しそうだった。...

スタッフ

監督
脚本
小林桂三郎
企画
久保圭之介
撮影
山崎安一郎
美術
西亥一郎
音楽
松村禎三
録音
高橋三郎
照明
吉田協佐
編集
丹治睦夫

キャスト

作品データ

原題 The Secret of the Telegian
製作年 1960年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 46分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi