浪曲権三と助十 呪いの置手紙
ホーム > 作品情報 > 映画「浪曲権三と助十 呪いの置手紙」
メニュー

浪曲権三と助十 呪いの置手紙

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「浪曲権三と助十 ゆうれい駕籠」に続く浪曲権三と助十シリーズ。スタッフはいずれも前作と同じ。

ストーリー

権三と助十は、日本橋の海産問屋山形屋に駕篭をつけた。ところが駕篭の中は空っぽなのだ。騒ぎの最中に、主人の嘉兵衛と息子の良之助が帰って来た。その夜以来、良之助は寝込んでしまった。やくざ船頭たちに殺されかけようとした時、嘉兵衛と良之助は良之助の妻の仲間の娘おしまを味方に引き入れ、事成った後、海につき落として殺してしまうという事件があったのだ。翌日、山形屋に脅迫状が来た。水天宮の百度石の下に百両置けとあった。当夜、黒い影がその包に近づいた。捕手がおさえた犯人は、なんと権三と助十だ。素人探偵の失敗である。良之助が姿を消し、その枕もとに再び百両をの脅迫状があった。指定の日、権三と助十は犯人にくみつき逃がしてしまったが、証拠品を手に入れた。それはお守袋の中にあった起誓文で、長唄師匠延志津の名があった。ところが真相はこうなのだ。おしまは延志津の妹で海に突き落とされたが無事海岸にたどりつき、山形屋の理不尽さに幽霊芝居で仇をとった。が、その騒ぎを利用して番頭の善兵衛が百両をかたりとろうとしたのだ。良之助の家出は、おしまを慕っての家出だった。...

スタッフ

監督
脚色
冬島泰三
原作
冬島泰三
企画
松丸青史
撮影
土屋俊忠
美術
鳥居塚誠一
音楽
谷口浩
口演
相模太郎
録音
空閑昌敏
照明
長谷博
編集
祖田富美夫

キャスト

作品データ

原題 The 6th Suspect
製作年 1960年
製作国 日本
配給 第二東映
上映時間 50分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi