俺は流れ星
ホーム > 作品情報 > 映画「俺は流れ星」
メニュー

俺は流れ星

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

松浦健郎の原作を、今村文人が脚色し、「俺は銀座の騎兵隊」の野口博志が監督した歌謡アクション・ドラマ。撮影も「俺は銀座の騎兵隊」の永塚一栄。

ストーリー

サックス吹きの名手健次は、クラブ“トーキョー・タウン”のバンドに務め、社長松原の用心棒も兼ねていた。ある日、グラマーのミナと恋人のサックス吹き一郎がクラブに飛びこんで来た。一郎の腕はダメだったが、ミナの肉体に目をつけた松原は、子分の神戸のすすめもあって、二人を雇うことにした。さっそく松原はミナを誘惑した。松原の仕事に嫌気がさした健次は、足を洗うことにした。松原は神戸に彼を殺せと命じた。計略を知った健次は逆に神戸を倒し、クラブに戻って松原からミナを取り戻し、一郎に金をやって二人を逃がしてやった。一年後--ある港町で健次は愚連隊から道子を、コパ興業と三崎組の喧嘩からコパの身内ゲンの二人を救った。翌日、健次はキャバレー“コパ”で社長の酒井らと祝杯をあげた。そこで酒井の情婦に会って驚いた。ミナだった。一郎は旅先で死んだという。酒井の手下醍醐は健次におとらず拳銃がうまかった。彼は酒井が三崎組をペテンにかけたのに反感を抱いていた。健次は三崎組の事務所へ喧嘩の真相をたしかめに行った。そこで子分の圭三に乱暴された。それをとめたのは親分の娘道子だった。圭三は嫉妬に狂い健次を襲った。が、彼に諭されて道子とカタギになると誓った。ミナは健次に言いよった。酒井が盗み聞いた。ある日、神戸が健次のことで酒井のところにやって来た。その夜、健次は神戸に狙撃された。だが、死んだのは神戸だった。醍醐が救ったのだ。酒井も倒れ、醍醐も凶弾に倒れた。翌日、健次は波止場に一人サックスを持って立っていた。どことなく淋し気に……。道子とミナがかけつけた時には、どこへともなく立去った後だった。...

スタッフ

監督
脚色
今村文人
原作
松浦健郎
企画
茂木了次
撮影
永塚一栄
美術
大鶴泰弘
音楽
山本直純
録音
宮永晋
照明
高橋勇
編集
丹治睦夫

キャスト

作品データ

製作年 1960年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 51分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

暴動島根刑務所[DVD] 海から来た流れ者[DVD] 風と樹と空と[DVD] 修羅を征く獅子[DVD]
暴動島根刑務所[DVD] 海から来た流れ者[DVD] 風と樹と空と[DVD] 修羅を征く獅子[DVD]
発売日:2016年3月9日 最安価格: ¥2,237 発売日:2004年10月21日 最安価格: ¥2,358 発売日:2012年6月2日 最安価格: ¥1,909 発売日:2011年2月2日 最安価格: ¥4,158
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi