浪曲権三と助十 ゆうれい駕籠
ホーム > 作品情報 > 映画「浪曲権三と助十 ゆうれい駕籠」
メニュー

浪曲権三と助十 ゆうれい駕籠

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

九十九鯨太の原作を「浪曲国定忠治 赤城の子守唄 血煙り信州路」の冬島泰三が脚色・監督した浪曲映画。「青空街道」の土屋俊忠が撮影した。

ストーリー

下谷万年町のいろは長屋に住む権三と助十は、駕籠屋コンビだ。ある日、ふと目についたつづらをわが家に持ち帰ったため、大事件にまきこまれた。中から出たのは、老人の死体だ。二人は番所にひっぱられ、油をしぼられた。死体は刀屋丹沢屋の主人丹右衛門だった。間もなく、下手人が岡っぴき喜三郎の手であげられた。丹沢屋の一人息子丹七だ。権三と助十の目に怪しく思われたのは番頭万兵衛だったが。ある日、妾宅で商売仇三河屋伝兵衛と密談する万兵衛をつきとめた。がその帰り万兵衛は伝兵衛に殺された。その伝兵衛にある時出くわし、二人で押さえつけた。伝兵衛は舌をかみ切って死んだ。残るのは島津藩留守居加藤左太夫だ。丹七に芸者おとわを奪われた加藤が、丹沢屋とりつぶしの黒幕らしい。悪夢にうなされた加藤が、「おのれ丹左衛門」とののしりながら刀をふりまわすという報を耳にした。ある夜、加藤の屋敷に奇妙な幽霊が現れた。権三の恋人お竹だ。お竹の幽霊に脅迫され、丹左衛門殺しの一件を白状した。越前守は、丹七を加藤から守るため、犯人に仕立ててかくまっていたのだと言った。権三、助十は晴れていろは長屋に引きあげた。...

スタッフ

監督
脚色
冬島泰三
原作
九十九鯨太
企画
松丸青史
撮影
土屋俊忠
美術
鳥居塚誠一
音楽
谷口浩
口演
相模太郎
録音
空閑昌敏
照明
長谷博

キャスト

作品データ

製作年 1960年
製作国 日本
配給 第二東映
上映時間 54分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi