今夜の恋に生きるんだ
ホーム > 作品情報 > 映画「今夜の恋に生きるんだ」
メニュー

今夜の恋に生きるんだ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

若井基成の脚本を、「街に出た野獣」の山内亮一が監督した歌謡アクション・ドラマ。撮影は「影のない妖婦」の柿田勇。

ストーリー

殺し屋の小山は、ボス田島の命令で麻薬中毒になった麻薬の運び人村野を殺した。田島は表むき化粧品商会の社長、キャバレー“五番街”の経営者だが、実は麻薬取引きを牛耳るボスだった。田島は村野の代りとして、“五番街”で働らく美子に目をつけた。何も知らぬ美子は喜んでひきうけた。田島の乾分で美子の恋人である牧は不吉な予感にとらわれた。一方、村野の死体から麻薬が発見され、捜査当局は色めきたった。担当の安達刑事ははこび人を洗い出した。ついに美子が村野のあとつぎをやっていることをつきとめたが、同時にそれは小山にも感づかれていた。夜の街角、小山は美子を狙った。が、突如疾走してきた車が妨害した。牧だ。彼は麻薬の秘密を知り、美子が狙われているのを知って駈けつけたのだ。牧と小山は断崖の上で対決した。牧の拳銃の方が一瞬すばやかった。小山は断崖から落ちた--。牧は美子を“五番街”の歌手で親友の藤川のもとにかくまった。その頃小山が全身傷だらけで田島の前に現われた。やがて、小山は美子のかくれ家をつきとめ、彼女をさらって倉庫に閉じこめた。牧は単身倉庫にのりこんだ。美子を救い出したが、弾を射ちつくし追いつめられた。その時、藤川を先頭に安達刑事らの一隊が駈けつけた。小山は射殺され、田島一味は逮捕された。...

スタッフ

監督
脚本
若井基成
企画
笹井英男
撮影
柿田勇
美術
柳生一夫
音楽
池田正義
録音
古山恒夫
照明
吉田協佐

キャスト

作品データ

製作年 1960年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 48分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi