男の挑戦(1960)
ホーム > 作品情報 > 映画「男の挑戦(1960)」
メニュー

男の挑戦(1960)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

田代淳二の脚本を「スピード狂時代 命を賭けて」の島津昇一が監督したアクション・ドラマ。撮影も同じく「スピード狂時代 命を賭けて」の星島一郎。

ストーリー

クラブ・ゼロは、強力な麻薬団の根城だった。この一味に隆次という男がいた。社長大槻はこの男を見こんだが、兄貴分の舟木にとっては不愉快だった。大槻の情婦恵子は隆次に惹かれていた。シャンソン歌手、実は殺し屋スタンレー牧が羽田に着いた。この男をクラブ・ゼロに送りこむのは舟木の役目だったが、隆次は牧を案内した。隆次には兄がいた。今は墓石の下で眠っている。墓参した隆次は、そこで恵子の姿を見た。ある日、隆次は牧の弾くピアノのメロディに耳を澄ました。そのメロディは戦争で行方不明になったというひろみの兄が作った曲なのである。ひろみはアルバイトにキャバレーのピアノ弾きをしている女だ。牧はひろみの兄かもしれない。麻薬王竜洪全の命により、麻薬団は本拠に集ることになった。この席で、隆次は麻薬官リストによってその素性をあばかれた。彼の兄は麻薬捜査官の一員で竜の手により殺されたのだ。隆次は兄の仇を討つために麻薬団にもぐりこんだのだ。竜の拳銃が隆次に向けられた。この時、恵子が駈けより、大槻の弾に倒れた。恵子は隆次の兄の恋人だったのだ。警官隊がなだれこみ、一味はすべて逮捕された。ひろみとの新しい人生を約束する隆次の顔をみて、牧も笑って死んでいった。...

スタッフ

監督
脚本
田代淳二
原案
長興裕之
企画
岡田寿之
大賀義文
撮影
星島一郎
美術
荒木友道
音楽
石松晃
録音
矢島一隆
照明
原田政重

キャスト

作品データ

製作年 1960年
製作国 日本
配給 第二東映
上映時間 66分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi