次郎物語(1960)
ホーム > 作品情報 > 映画「次郎物語(1960)」
メニュー

次郎物語(1960)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

下村湖人の原作を、「明治大帝と乃木将軍」の館岡謙之助が脚色、「聖女と拳銃」の野崎正郎が監督したおなじみの物語。次郎には“こじか座”の中森康博が起用されている他、大鵬関が特別出演している。撮影は「痛快なる花婿」の森田俊保。

ストーリー

昭和二年、次郎は九歳になった。彼には兄・恭一、弟・俊三の兄弟がいたが、母・お民の乳が足りぬため、今までお浜の許へ里子に出されていたのだった。兄弟は「士族」の子らしく成長したが、次郎は「庶民」の子に育っていた。そのため、祖母や母に冷たく扱われた。次郎の味方になってくれるのは、父と飯たきのお糸婆さんだった。学校からの帰り道、次郎はお糸婆さんの家をさがしている関取に会った。病気で親類に帰っているお糸婆さんの許に案内した。関取は大豊といい、お糸の孫だった。大豊も次郎と同じく里子だった。里子でもこんなに大きく強くなれると知って次郎は嬉しかった。翌日、恭一が悪童の鉄五郎にいじめられているのに会い、次郎は飛びかかった。次郎は怪我をした。青木医院の春子がとてもやさしくしてくれた。次郎の父は他人の連帯保証をして、その請判のことから家を整理しなければならなくなった。そんなことが重なり、母は病気になった。次郎は真剣に看病した。だが、次郎の看病の甲斐もなく、お民は死んでしまった。次郎は泣きながらも、お浜に正直な立派な人になると約束した。...

スタッフ

監督
脚色
館岡謙之助
原作
下村湖人
製作
植野哲雄
撮影
森田俊保
美術
熊谷正雄
音楽
加藤三雄
録音
妹尾芳三郎
照明
須藤清治
編集
杉原よ志

キャスト

作品データ

製作年 1960年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 75分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

生きる[DVD] にっぽん泥棒物語[DVD] 生きる[Blu-ray/ブルーレイ] 木下惠介生誕100年 楢山節考[DVD]
生きる[DVD] にっぽん泥棒物語[DVD] 生きる[Blu-ray/ブルーレイ] 木下惠介生誕100年 楢山節考[DVD]
発売日:2015年2月18日 最安価格: ¥1,863 発売日:2007年1月21日 最安価格: ¥4,860 発売日:2009年12月18日 最安価格: ¥3,926 発売日:2012年8月29日 最安価格: ¥1,990
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi