まぼろし峠
ホーム > 作品情報 > 映画「まぼろし峠」
メニュー

まぼろし峠

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

大佛次郎の原作を結城三郎が脚色、「思春の波紋」の藤原杉雄が監督した娯楽時代劇。撮影は土屋俊忠。

ストーリー

◇第一部--武田信玄がその軍資金にしたのは、領内のいずこかにある秘密の金鉱だった。後世、これを信玄のかくし金山と呼んだ。天災飢饉に財政の欠乏した徳川幕府は活路をかくし金山に求めた。老中筆頭水野越前守は、この金山調査を甲府城代大久保将監に命じた。城代補佐青江丹蔵が深山に踏みこんだが徒労に終った。老中松平甲斐守は越前守の失脚を狙っていたが、これを聞き、腹臣植村右京を介し、青江と手を握った。越前守は甲斐守の野望に気づき、磯田欽之助を甲府勤番に命じた。さらに欽之助の許婚妙の兄脇村主水正をも送った。右京らは小仏峠で短筒をもって主水正を狙った。主水正も飛び道具には勝てず、崖下に姿を消した。--甲斐守一派はかくし金山の秘図を手に入れ、山入りすることになった。この作業員の一人にもぐりこんだのが主水正だった。一行から脱け出した主水正は、欽之助らと出会い、まぼろし峠にたどりついた。頂上に達しようとした時、足場の足が崩れ欽之助はころがり落ちた。と、その岸壁に洞穴があった。二人は洞穴に入った。が、二人を取り囲んだ一群があった--。 ◇完結篇--まぼろし峠で山の衆と思われる一団に襲われた主水正は、山案内人の孫平に救われた。欽之助の消息は不明だった。一方、青江らはかくし金山を発見、甲斐守の甲府入りを待ってその採掘にのり出すことになった。また作業員姿に身をかえた主水正がこの中にいたのだ。甲斐守はお妙を招き寄せ座敷牢に閉じこめたが、主水正が救い出した。主水正、妙は欽之助が消息を絶った洞穴に来た。また山の衆に捕えられたが、そのかくれ里で重傷の身を養う欽之助に再会した。山の衆は武田家遺臣の子孫で、かくし金山を守っていたのだ。甲斐守一行が、天狗倒しの難所にさしかかった。地雷が爆発し、一行は姿を没した。主水正の計いで、かくし金山は大自然のふところで眠りつづけることになった。...

スタッフ

監督
脚色
結城三郎
原作
大佛次郎
企画
野坂和馬
撮影
土屋俊忠
美術
鳥居塚誠一
音楽
小川寛興
録音
空閑昌敏
照明
長谷博
編集
祖田富美夫

キャスト

作品データ

製作年 1960年
製作国 日本
配給 第二東映

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi