夜の歌謡シリーズ 悪党ブルース
ホーム > 作品情報 > 映画「夜の歌謡シリーズ 悪党ブルース」
メニュー

夜の歌謡シリーズ 悪党ブルース

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

川内康範の原作『悪党』を「夜の歌謡シリーズ 港町ブルース」の成澤昌茂、鷹森立一のコンビが脚色、監督を担当したシリーズ第七作。「日本暴力団 組長」の仲沢半次郎が撮影を担当。

ストーリー

三輪田孝は、銀座のクラブ“ブルー・シルク”の引抜き屋だったが、今では宝石商・名取かのをパトロンに、商業写真家になっていた。孝には大場露子という女がいたが、同じ引抜き屋の銀座の小鉄に譲り渡してしまった。が、一年たった今でも彼女を忘れられずにいた。そんなある日、孝は、横須賀で外国人バーのホステス・サナエを助けた。その夜、サナエが孝のアパートを訪ねて来た。早速、サナエをベッドに誘ったが、情事の最中、かのからかかった電話に、サナエが出てしまい、一切がバレて孝は大事な金づるを逃してしまった。自由の身になった孝は、露子に逢いに神戸に向かい、露子とよりを戻した。露子のいる大阪北新地のクラブで、孝は、偶然、小鉄に会ってしまい、売春あっせんでタレ込んだ仕返しに、袋叩きにされた。銀座に戻った孝は、“ブルー・シルク”にふたたび雇ってもらえなかった腹いせに、かつての女で、今は“ブルー・シルク”の社長・奈良部の情婦ミチの持った店“ミッチー”へ“ブルー・シルク”のホステス引き抜きを始めた。その上、店の権利書を偽造して売り飛ばしてしまった。それを知った奈良部は、小鉄に孝を殺させようとした。乱斗中、サナエが小鉄を刺し、難を免れた孝は、サナエの本心を知った。それから孝は、露子に別れを告げた。...

スタッフ

監督
脚色
成澤昌茂
原作
川内康範
企画
秋田亨
吉峰甲子夫
撮影
仲沢半次郎
美術
江野慎一
音楽
八木正生
録音
広上益弘
照明
桑名史郎
スチール
加藤光男

キャスト

作品データ

製作年 1969年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 88分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi