めくらのお市 地獄肌
ホーム > 作品情報 > 映画「めくらのお市 地獄肌」
メニュー

めくらのお市 地獄肌

劇場公開日

解説

棚下照生の原作(「週刊漫画TIMES」連載)を「黒薔薇の館」の松田寛夫と「めくらのお市物語 真赤な流れ鳥」の鈴木生朗が共同脚色し、シリーズ第一作でコンビを組んだ松田定次と川崎新太郎がそれぞれ監督・撮影を担当した第二作。

ストーリー

幼い時に盲になったお市は、兇状持ちを斬っては賞金を稼ぐ流浪の身。お尋ね者の浪人丹兵衛を泥濘の中に葬り、つづいて女博賭黒髪のお炎と対決した。お市は勝負に勝ちながらお炎を殺さず、それがために彼女の放った毒蛇にかまれてしまった。お市を助けたのは、土地の百姓茂作。お市は親切な茂作の介抱に束の間の安堵を覚えたが、その村も決して平和な村ではなかった。村人たちは、やくざの文蔵に虐げられ、農民たちの楯となって対抗する浪人間崎にとりすがって生きていた。そんな頃、お炎が唐人剣士を連れて文蔵の家に身を寄せた。それは、お市の命を狙ってのことだった。お市は、善戦よく剣士を倒したものの、自分の行為を悔い悲しみ村を去ろうとした。しかし茂作はお市を離さず、村人たちに祝福された二人を幸福がおおった。だが、悪事の成就に執念を燃やす文蔵は、茂作に好計を策し、お炎のいかさま博奕で五十両の借金を背負わせた。そして、その代償はお市にとってあまりにも苛酷。村人たちの恩人間崎を斬れ、というものだった。お市は、幸福だった女房の座を捨て、ふたたび仕込み杖を握った。やがて、悪徳文蔵一家は冴えわたるお市の仕込みに倒された。...

スタッフ

監督
脚色
松田寛夫
鈴木生朗
原作
棚下照生
製作
斎藤次男
撮影
川崎新太郎
美術
倉橋利韶
音楽
鏑木創
録音
高橋太朗
照明
染川広義
編集
河合勝巳
スチール
佐々木千栄治

キャスト

作品データ

原題 Trapped,the Crimson Bat
製作年 1969年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 88分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「めくらのお市 地獄肌」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi