北日本を飛ぶ
ホーム > 作品情報 > 映画「北日本を飛ぶ」
メニュー

北日本を飛ぶ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「九尾の狐と飛丸」の吉岡道夫が脚本を執筆し、小林千種が国土総合開発の現状を空から眺めた短編。

ストーリー

夏のある日、東京を飛び発ったセスナ機は、日光から尾瀬の高原湿地帯を過ぎ、只見水系の上空にやって来た。奥只見ダム、田子倉ダムの広い潅水域と深い渓谷、そして白堊の堰提。やがて、視野がひらけて東北の一大行事相馬野馬追いの戦国絵巻の光景に出くわした。仙台湾、新産業都市として東北開発の拠点になる仙塩工業地帯、松島湾の養殖漁業が展開し、八戸新産都市へつながる縦貫鉄道の工事につきあたる。一路日本海側に空路をとった一行は、黄金の波に映える八郎潟を見、青森のねぶた祭りを見る。秋の北海道の自然は荒々しくそして野放図だ。津軽海峡を越えたセスナは、日高連峰や紅葉の支笏湖、摩周湖を過ぎ、釧路の湿原へと飛ぶ。札幌、苫小牧、室蘭を結ぶ新産都市群は、北の開発拠点として関心を集めている。北海道の開発は、構想が大きく、あたかも真白なキャンバスに、自由に画筆をふるうようだ。東北は渋く綿密に、北海道は奔放で大胆に、各々特徴を活かした力強い開発が進んでいる。...

スタッフ

演出
小林千種
脚本
吉岡道夫
製作
室谷邦夷
三橋孝司
撮影
佐藤郁弥
小原敏克
音楽
小杉太一郎
録音
アオイスタジオ
照明
谷口浩
編集
高橋勤

キャスト

作品データ

製作年 1969年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 31分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi