(秘)トルコ風呂
ホーム > 作品情報 > 映画「(秘)トルコ風呂」
メニュー

(秘)トルコ風呂

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「夜の手配師」の下飯坂菊馬と新人播磨幸治が脚本を共同執筆し、「あゝ予科練」の村山新治が監督した風俗もの。撮影は「代貸」の稲田喜一が担当。

ストーリー

十九歳の卵子は、東北のある温泉町で団体客相手の臨時芸者をしていた。ある日、サービスが過ぎて、客の一人を絶命させてしまった。そのために、この町にいづらくなった卵子は、友人の圭子を誘って、東京新宿のパチンコ屋に就職した。そこで卵子は、高利貸をしているナミと知り合った。ナミは、男より女に欲情を感ずる変質者だった。早速、卵子を自分のマンションへ招待すると彼女を抱いた。翌朝になると、高利貸の資金源になっているソープランドの勤めに出掛けた。その頃、ナミの以前の夫達は乱交パーティの企画を練っていた。やがて、卵子と知り合い情事を楽しんだ達は、パーティのホステスとして彼女を雇った。しかし、人から束縛されるのが嫌いな卵子は達の前から姿を消した。当日の夜、特別ショウでスポットライトを浴びたのは、圭子だった。自分の肉体に自信を持つ卵子は、口惜しさのあまり、ショウを混乱させた。ナミは、再び卵子を人質同様に監禁し、二人は狂態の夜を続けた。一方、達は卵子をとられた腹いせに、売春をさせているナミのソープランドを警察に密告した。卵子はそんな二人にあいそをつかせた。そして彼女の前に現われたのは、ナミの秘書をしている高原だった。卵子は、高原が不能であることを知り、男の機能を甦えらそうと一所懸命だった。高原はナミが貯めこんでいた一億円を盗んだ。卵子はそのお金を、少女時代を一緒に暮し、愛しあっていた病身の淳のために役立てようとした。しかし郷里に帰った卵子を待っていたのは、淳の死報だった。今や卵子にとって一億円は紙屑も同然だった。そして卵子の本心を知った高原は、狂ったように彼女をののしり、崖から足を踏みはずし、一億円の札とともに海へ落ちていった。それを見つめていた卵子の心は、なぜか乾いていた。達とナミが、売春をさせた容疑で補ったのは、ちょうどその頃だった。...

スタッフ

監督
脚本
下飯坂菊馬
播磨幸治
企画
園田実彦
扇沢要
撮影
稲田喜一
美術
中村修一郎
録音
小松忠之
照明
元持秀雄
編集
田中修
スチル
田中真紀夫

キャスト

作品データ

原題 Secret Turkish Bath
製作年 1968年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 86分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi