"経営学入門"より ネオン太平記のレビュー・感想・評価

"経営学入門"より ネオン太平記

劇場公開日 1968年4月13日
1件を表示 映画レビューを書く

小沢昭一の粘り、園佳也子のお色気

ラピュタ阿佐ヶ谷での「西村晃」特集上映の一本で鑑賞。
西村晃の出番はそれほど多くはない。
1968年作品ながら、モノクロ。
日活もその3年後にはポルノに舵を切るのだが、本作のお色気度はそれほど強くはない。
しかし、小沢昭一(当時39)とやはり同年齢の園佳也子の中年男女2人が醸し出すねちっこいお色気は何とも懐かしく感じる。

今村昌平脚本で重喜劇の趣ただよう佳作だと思うが、この監督の他の作品で聞いたことがあるモノはない。
その程度の監督の作品でも、十分おもしろく、いい絵が撮れている。
60年代末でも日本映画の層の厚さを実感させられた。

トコマトマト
トコマトマトさん / 2012年6月13日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi