処女喪失
ホーム > 作品情報 > 映画「処女喪失」
メニュー

処女喪失

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

竹中労の“処女喪失一未婚女性の性行動”を「東京五輪音頭」の高橋二三と「さすらいは俺の運命」の井田探が共同で脚色、井田探が監督した風俗もの。撮影は「大日本チャンバラ伝」の萩原泉。

ストーリー

“処女喪失”の特集を企画したS週刊誌の敏腕記者天野浩介は、ある男の来訪を受けた。船乗りで山岸敬太と名のるその男は、彼の婚約者橋本綾子が送った手記をさしだした。橋本綾子は、田舎の中学を出ると、横浜で住み込み店員として働き、敬太と婚約したが、店の主人野津の暴力の前に純潔を奪われ、綾子は敬太との結婚をあきらめると、店をとびだして、遂に娼婦に身を崩していた。航海から帰った敬太に、偶然横浜のホテルで再会した綾子はショックから自殺したのだった。話を聞いた浩介は、直接面接に来ると言い置いた女性のうえに思いを馳せた。辻川さと子は、今はサラリーマンの妻となっているが、かつて大阪でバスガールであった時、同僚の恋人に犯され、東京へ職場を代えた。そして、全てを知ったうえで真面目な運転手辻川に求婚されたのだった。今西すえ子、彼女は病院の看護婦であったが、医長から将来を嘱望される外科医大杉春夫に身体を与えた。必ず結婚するという甘い言葉を信じたすえ子は、やがて医長の娘と結婚する大杉を見た。結婚式の当日、すえ子は、大杉夫妻の前で毒盃をあおいだ。桃井ミキ、彼女の手記は、義理の父に純潔を奪われ芸者に売られ、その後温泉あんまになり、今は洋裁学校に通うが、売春現行犯三回逮捕とあった。だが浩介の調べでは出鱈目で、彼女は結婚式場の巫女で、正真正銘の処女であった。処女を結婚へのパスポートとするミキは、それをたてにサラリーマン朝倉をてだまにとるプレイガールであった。処女性を持参金にするミキを憎んだ朝倉はミキに刃物で立ちむかっていった。手記を読んで暗澹たる気持の浩介のもとに、敬太は、旅先で知りあった雅子を連れて訪ねた。浩介はこの特集のしめくくりを“純潔はやはり結婚まで守るべきではなかろうか”と結んだ。...

スタッフ

監督
脚色
高橋二三
井田探
原作
竹中労
企画
柳川武夫
撮影
萩原泉
美術
柳生一夫
音楽
大森盛太郎
録音
中村敏夫
照明
三尾三郎
編集
井上治
スチル
式田高一

キャスト

作品データ

原題 Office Girl Expose
製作年 1965年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 82分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi