狼少年ケン おく病なライオン
ホーム > 作品情報 > 映画「狼少年ケン おく病なライオン」
メニュー

狼少年ケン おく病なライオン

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

大野寛夫の原作を、浜田稔が脚色「狼少年ケン アラビアの怪人 魔の岩の決闘」の芹川有吾が演出した狼少年シリーズ。作画監督は喜多真佐武。撮影は「狼少年ケン ジャングル最大の作戦 おばけ嫌い」の菅原英明と平尾三喜。

ストーリー

ライオンの国の王子ローリは大変な臆病者で、父のライオン王の怒りに触れて、家を追い出された。ライオン王にたのまれこれを知ったケン、チッチ、ポッポ、ジャック、ブラックたちは、なんとかしてローリを強いライオンにしようと、あの手この手でローリを励ましたが、自信を失っているローリには効き目がなかった。ところが、こうもりの森で、大トカゲや大蛇などに襲われ、必死で暴れた末、叩きのめし、どうやら自分の力を信じるようになった。だがこれも、偶然頭に乗っていた木の葉のせいだと思いこむありさま。その時突然マダラ族が攻めて来て、ケン、チッチ、ポッポ、ローリはマダラ族の投げた網に捕えられてしまった。木の葉を失くしたローリはもとの弱いライオンに返ってしまったのだ。が、そんな時ローリは父の言葉を思い出した「自分の力で臆病を治して来い!」ローリはやっと眼ざめ、一瞬のうちに檻をこわし、マダラ族を蹴ちらした。一方ライオンの国では、黒ライオンが暴動を起し、王様は窮地に追いこまれていた。ケンたちはローリと力を合せて黒ライオンを撃退した。王位はローリが、継ぐことになった。「ローリ万歳」ライオン王国に歓声がどよめいた。...

スタッフ

演出
芹川有吾
脚色
浜田稔
原作
大野寛夫
企画
旗野義文
有賀健
宮崎慎一
製作
東映動画部
作画監督
喜多真佐武
撮影
菅原英明
平尾三喜
美術
沼井肇
音楽
小林亜星
録音
小西進
編集
千蔵豊
スチル
荒井宗朝

キャスト

作品データ

製作年 1965年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 24分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「狼少年ケン おく病なライオン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi