少年忍者 風のフジ丸 まぼろし魔術団
ホーム > 作品情報 > 映画「少年忍者 風のフジ丸 まぼろし魔術団」
メニュー

少年忍者 風のフジ丸 まぼろし魔術団

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

木谷梨男の原案を、志原弘が脚色「わんわん忠臣蔵」の白川大作が演出した動画。作画監督は「わんわん忠臣蔵」の大工原章。撮影は吉村次郎。

ストーリー

マルコポーロの東方見聞録に刺激され、東洋の黄金国ジパングを目指す南蛮人が多勢いた。剣に巧みな南蛮人カバルガもその一人で、妖術使いウイルフ、射撃名人マヌエル、黒豹を連れたドメニコ、体術のロレンテス、化学者アイレルらを連れて、ある嵐の夜日本にやってきた。だが見ると聞くとは大違い!日本には白銀の道も、黄金の建物もない。空手のまま引きかえすのも業腹だと、彼等はまぼろし島に本拠地を置き、金鉱脈を掘らせる一方、町で豪家や城を襲って金銀を強奪した。やがてその話が、悪い天狗の話としてフジ丸の耳にも、つたわってきた。フジ丸はこの謎を探ろうと、天狗の姿を求めて町へ出かけた。だがその留守中、仲間の太助が南蛮人の罠にかかった。が、危機一髪かけつけたフジ丸の人トンビの術で危機をのがれた。そして悪い天狗というのが、邪法を使う南蛮人であることを知ったフジ丸は、太助とともに、南蛮人の巣窟にのりこんだ。仲間のポン吉やチョロも助けにやってきた。激しい剣戦の末カバルガは、かなわないと知り、一味をつれて逃げていった。さらわれた人々も救われ、島にまた平和がやってきた。...

スタッフ

演出
白川大作
矢吹公郎
脚色
志原弘
原案
木谷梨男
企画
小野沢寛
斎藤郁
製作
東映動画部
作画監督
大工原章
撮影
吉村次郎
美術
浦田又治
音楽
服部公一
録音
神原広巳
編集
鈴木寛
スチル
荒井宗朝

キャスト(出演(声))

作品データ

製作年 1965年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 50分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi