女弥次喜多 タッチ旅行
ホーム > 作品情報 > 映画「女弥次喜多 タッチ旅行」
メニュー

女弥次喜多 タッチ旅行

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

上村力がオリジナル・シナリオを執筆、監督した旅行もの。撮影は「下町の太陽」の宮脇博。

ストーリー

石油会社に勤める実子、和子、幸子の三人は一週間の休暇をとって東北の旅に出発た。懐の淋しい彼女らが考え出したのが、知人を訪ね次から次へとリレー式に友人を紹介して貰って旅を続けようという“タッチ旅行”だった。先ず最初は仙台へ転勤になった山中君を訪ね、松島や花巻温泉を案内して貰った。宮古市からはヒッチハイクに変更、盛岡へ向うトラックを掴えた。北上川畔を散策する三人は、ギター片手にオートバイで旅をするイカス男と知り合いになった。その男の推薦で八幡市の蒸の湯まで足をのばし、そこから八戸まではジープに同乗させて貰った。ヒッチハイクもここでストップ、途方にくれた三人が飛び込んだのはリンゴ園へ行く出稼ぎのバスだった。観念した三人は暫くここで働き、いろいろな人たちと言葉を交して多くを学んだ。秘境恐山のイタコを訪ねて固唾をのみ、次は能代へと旅は進められた。そこで世話になった実力者というのがヤクザの大親分と判り、路銀三万円を貰って早々に男鹿半島へ、その夜の宿で彼女たちは例のイカス男に会った。だが彼は大変なプレイボーイで、三人の持っていた路銀三万円をせしめてしまった。一文なしとなった三人は秋田にある会社の油田へ、たまたま到着するはずの会社令嬢の一行と間違えられた三人は、なるようになれとハンサムな技師に案内されるのにまかせ、その上東京への飛行機を頼んだ。間もなく彼女たちの正体はバレたが、その時三人を乗せた飛行機は既に離陸していた。...

スタッフ

監督
脚本
上村力
製作
升本喜年
撮影
宮脇博
美術
平高主計
音楽
伊部晴美
録音
熊谷宏
照明
佐久間丈彦
編集
大沢しづ
スチール
小尾健彦

キャスト

作品データ

製作年 1963年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 89分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「女弥次喜多 タッチ旅行」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi