温泉あんま
ホーム > 作品情報 > 映画「温泉あんま」
メニュー

温泉あんま

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「温泉芸者」につぐ温泉シリーズの第二作。「温泉芸者」の下飯坂菊馬と「あした逢う人」の桜井康裕と小滝光郎が共同で脚本を執筆、「瘋癲老人日記」の木村恵吾が監督した風俗喜劇。撮影は「背広の忍者」の石田博。

ストーリー

平和な温泉郷修徳寺は美人あんまと温泉芸者の人気で二分され、数百軒に及ぶ旅館もそのいずれかに属して対立する始末である。楽々苑を根城とするあんま派の人気NO1桐子は、美人ムードあんまをキャッチフレーズに特殊技巧を施しては殿方を悩殺し、せっせと稼ぎまくっている。一方の旗頭、パラダイスホテルを稼ぎ場にする温泉芸者派の〆奴は、お座敷着の下には水着を秘めて浴場まで進出し、女三ン助もやってのけるサービスが売りものときている。この二人は全くの犬猿の仲で、派手なお客争奪戦を演じている。時も時、パラジリアンのオリンピック選手団が大挙保養と観光を兼ねて、この修徳寺に来るという情報に誘致運動の火ぶたが切られたのである。桐子は黒一点の睦五郎も含めて芸者側を圧倒しようと意気ごみ、〆奴一派もお色気サービスの秘術を研究する。突然前ぶれもなくパラダイスホテルに投宿したハンサムな男は、パラジリアン国大使館派遣調査員の柴田であった。時を同じくして楽々苑に泊った中年男は、柴田と同行の調査員栗山であった。ここに至って両派のお色気サービスは凄絶を極め珍技、秘術をつくしての悩殺戦を展開するのであった。...

スタッフ

監督
脚色
下飯坂菊馬
小滝光郎
桜井康裕
原案
斎藤米二郎
企画
藤井浩明
撮影
石田博
美術
間野重雄
音楽
小川寛興
録音
須田武雄
照明
柴田恒吉
スチル
板垣公章

キャスト

作品データ

原題 Masseuse vs. Geisha
製作年 1963年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 73分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

  • 「網走番外地」の石井輝男監督が死去(2005年8月16日) 「網走番外地」などの任侠映画から「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」などのホラーや「ポルノ時代劇 忘八武士道」「地獄」といった奇抜な作品まで数多くの娯楽作を手掛けてきた石井輝男監... 続きを読む
関連ニュース

DVD・ブルーレイ

温泉あんま芸者[DVD] 暴風圏[DVD] 女経[DVD] 真昼の罠[DVD]
温泉あんま芸者[DVD] 暴風圏[DVD] 女経[DVD] 真昼の罠[DVD]
発売日:2009年9月21日 最安価格: ¥3,791 発売日:2014年10月31日 最安価格: ¥2,000 発売日:2015年10月30日 最安価格: ¥1,854 発売日:2016年11月25日 最安価格: ¥1,854
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi