伊豆の踊子(1963)
ホーム > 作品情報 > 映画「伊豆の踊子(1963)」
メニュー

伊豆の踊子(1963)

劇場公開日

解説

川端康成原作四度目の映画化で、「若い人(1962)」の三木克巳と西河克己が共同で脚色、「雨の中に消えて」の西河克己が監督した文芸もの。撮影はコンビの横山実。

ストーリー

若葉が美しい伊豆の街、修善寺を発った一高生の川崎は旅芸人の一行と連れになった。一座は大島の人で四十女を中心に男一人と若い女の五人づれ、川崎に可憐な笑顔を向ける踊子は一ばん年下のようである。下田まで同行する約束をして湯ケ野に着いた夜、川崎はお座敷へ呼ばれている踊子達のざわめきを聞くと胸が騒いだ。しかし翌日彼は、病気で寝ている酌婦のお清を慰めたり子供達とかくれんぼをして遊ぶ踊子が、まだ汚れを知らぬ子供と知った。踊子はその一日を川崎と遊び夜は仕事のあと彼に本を読んで貰った。翌朝、出発をのばすという一座と行を共にした川崎は、男の語る淋しい身上話を聞いた。一行は自分の妻とその母、年下の踊子はカオルといい十四で自分の妹、こんなことをさせたくないが事情あってのことという。一行と川崎は急速に親しくなり、踊子は強引に川崎が大島に来るという約束までさせてしまった。踊子が川崎を強く慕い始めたことに母親は気付いていたが、叱るでもなかった。翌朝下田へ向う道、山の中で川崎と踊子は初めて二人きりになったがドギマギしている間に時はすぎた。下田へ着き、川崎は最後の思い出にと踊子を映画に誘ったが、母親は許さなかった。これが二人の心の傷を深めるだけで所詮どうしようもない恋であると判っていたからだ。翌朝早く、川崎は下田の港に出かけた。送りに来た踊子は何を話しかけても黙ってうなずくだけだった。川崎の出船を見送る踊子は、船が遠く離れると懸命にハンカチを振った。彼の眼は踊子をみつめたまま急にうるんだ。...

スタッフ

監督
脚色
三木克巳
西河克己
原作
川端康成
企画
坂上静翁
撮影
横山実
美術
佐谷晃能
音楽
池田正義
録音
沼倉範夫
照明
河野愛三
編集
鈴木晄
スチール
井本俊康

キャスト

作品データ

原題 Love Comes with Youth
製作年 1963年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 87分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
2.8 2.8 (全1件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

6羽のかもめ DVD-BOX[DVD] 三匹が斬る! DVD-BOX[DVD] 天地無用! in LOVE2~遙かなる想い~【劇場版】[DVD] 人生劇場[DVD]
6羽のかもめ DVD-BOX[DVD] 三匹が斬る! DVD-BOX[DVD] 天地無用! in LOVE2~遙かなる想い~【劇場版】[DVD] 人生劇場[DVD]
発売日:2009年2月18日 最安価格: ¥32,854 発売日:2010年3月12日 最安価格: ¥22,805 発売日:1999年8月25日 最安価格: ¥10,260 発売日:2004年12月23日 最安価格: ¥3,292
Powered by 価格.com

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

伊豆の踊子 伊豆の踊子 伊豆の踊子
伊豆の踊子 伊豆の踊子 伊豆の踊子
2013年12月27日 2016年9月12日 2012年4月13日
¥300 ¥1,990 ¥500
iTunes U-NEXT ビデオマーケット
※31日間無料 ※プレミアムコースの場合

他のユーザーは「伊豆の踊子(1963)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi