放浪記(1962)のレビュー・感想・評価

メニュー

放浪記(1962)

劇場公開日 1962年9月29日
3件を表示 映画レビューを書く

・なーんでそんな男にこだわるの?早く見切りつけなよ!ってイライラす...

・なーんでそんな男にこだわるの?早く見切りつけなよ!ってイライラするけど人それぞれだからなぁ…
・女給シーンは観てて楽しい
・登場するたびに安岡の好感度が上がっていく
・お屋敷での母親の着物、来客への返しにニヤニヤした

小鳩組
小鳩組さん / 2017年10月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

書くことへの執念

 背を丸め、口はへの字、眉はたれ気味。貧乏であることがその内側から滲み出てくる女性を高峰秀子が力演している。他のどの出演作にも増して相手の男性役が彼女の背景に霞んでしか見えない。
 彼女の詩を批評する同人の一人が、「ゴミ箱をかき回して、中身を放り出したような」と表現したような女の生活がスクリーンに描かれている。
 しかし同時に、彼女がなぜそこまで書くことに執念を燃やすのかについても、映画はしっかりと伝えてくれる。
 林扶美子は、貧乏を書きたかったのではない。貧乏な生活を送る自分が、カフェーの女給しかできない人間ではないことを明かすためにものを書くのだ。
 そして、彼女自身が言う通り、教育もなく、金もない彼女が書くことのできる内容といえば、貧乏暮らししかないのである。
 映画の中では何度も林の文章が映し出され、高峰のナレーションが入る。これが、功成り名遂げた現在の林扶美子が、過去の自分を回想している構図を生み出す。映画表現としては面白みに欠けるが、一人の作家の自叙伝という形には必要だったのだろう。

よしただ
よしたださん / 2016年10月15日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  笑える 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

意思。

林芙美子の自伝的小説、ということは知っていましたが未読のまま鑑賞。

間借り、木賃宿、その日暮らし。働けど働けどの日々の中、私の人生こんなもんじゃない、書いて書いて書き続ける。売れなくても、さっぱり目が出なくても、一寸先が闇であっても。
センスもさることながら、続けていく意思力、その力強さがうかがえた。

何度も失敗する男関係、他の文芸仲間とのやりとり、裸の自分を開示する、その覚悟が潔くて良かった。

また、就活の様子の第三者から見た滑稽さは、今みても何かしら感じる処がありました。

Nori
Noriさん / 2015年2月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi