放浪記(1962)
ホーム > 作品情報 > 映画「放浪記(1962)」
メニュー

放浪記(1962)

劇場公開日

解説

東宝が創立三十周年記念映画の一つとして、林芙美子原作から「旅愁の都」の井手俊郎と「女ばかりの夜」の田中澄江が共同で脚色、「女の座」の成瀬巳喜男が監督した文芸もの。撮影もコンビの安本淳。創立30周年記念映画、昭和37年度芸術祭参加作品。

ストーリー

昭和の初期。林ふみ子は行商をしながら、母と駄菓子屋の二階で暮らしていた。彼女が八歳の時から育てられた父は、九州から東京まで金を無心にくるような男だった。隣室に住む律気な印刷工安岡は不幸なふみ子に同情するが、彼女は彼の好意を斥けた。自分を捨てた初恋の男香取のことが忘れられないのだ。母を九州の父のもとへ発たせたふみ子は、カフェー「キリン」の女給になった。彼女の書いた詩を読んで、詩人兼劇作家の伊達は、同人雑誌の仲間に入るようすすめた。まもなく、ふみ子は本郷の伊達の下宿に移ったが彼の収入だけでは生活できず牛めし屋の女中になった。ところが、客扱いのことからクビになったふみ子は、下宿で日夏京子が伊達にあてた手紙を発見した。新劇の女優で詩人の京子は、やがて伊達の下宿へ押しかけてきた。憤然と飛び出したふみ子は、新宿のカフェー「金の星」で働くことにした。その間にふみ子が新聞に発表した詩を高く評価したのは、「太平洋詩人」の福地、白坂、上野山らである。彼らは京子をつれてきて、ふみ子に女同士での出版をすすめ、今は伊達と別れた二人の女は、ふしぎなめぐり合わせの中で手を握り合った。こんなことからふみ子は福地と結婚したものの、貧乏と縁がきれない。ある日、新進作家の村野やす子をつれて、白坂と京子がきた。そして、「女性芸術」でふみ子と京子の詩を選択のうえ、どちらか一篇を掲載すると告げた。安岡が金を持って訪ねてきたことから、福地はふみ子と安岡の仲を邪推した。ふみ子は再び婦らぬ決心で家を出た。その後、ふみ子の力作「放浪記」が「女性芸術」にとりあげられ、彼女は文壇に第一歩を踏み出した。そんなとき、彼女は画家の藤山武士を知った。「放浪記」出版記念会の日ふみ子の眼は感激の涙で濡れていた。林ふみ子という人生をのせた機関車は走り出した……。...

スタッフ

監督
脚色
井手俊郎
田中澄江
原作
林芙美子
製作
藤本真澄
成瀬巳喜男
寺本忠弘
撮影
安本淳
美術
中古智
音楽
古関裕而
録音
中川浩一
整音
下永尚
音響効果
山口幸夫
照明
石井長四郎
編集
大井英史
衣裳
膳師寛
斉藤はな
製作担当者
沖原俊哉
助監督
川西正純
辻村光慶
記録
鈴木のぶ
スチール
秦大三

キャスト

作品データ

原題 Lonely Lane
製作年 1962年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 123分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.6 2.6 (全2件)
  • 書くことへの執念 背を丸め、口はへの字、眉はたれ気味。貧乏であることがその内側から滲み出てくる女性を高峰秀子が力演している。他のどの出演作にも増して相手の男性役が彼女の背景に霞んでしか見えない。 彼女の詩を批評す... ...続きを読む

    よしただ よしたださん  2016年10月15日  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • 意思。 林芙美子の自伝的小説、ということは知っていましたが未読のまま鑑賞。 間借り、木賃宿、その日暮らし。働けど働けどの日々の中、私の人生こんなもんじゃない、書いて書いて書き続ける。売れなくても、さっぱ... ...続きを読む

    Nori Noriさん  2015年2月14日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

木下惠介 DVD-BOX 第3集[DVD] 木下惠介生誕100年 永遠の人[DVD] 木下惠介 DVD-BOX 第2集[DVD] 木下惠介生誕100年 衝動殺人 息子よ[DVD]
木下惠介 DVD-BOX 第3集[DVD] 木下惠介生誕100年 永遠の人[DVD] 木下惠介 DVD-BOX 第2集[DVD] 木下惠介生誕100年 衝動殺人 息子よ[DVD]
発売日:2005年5月28日 最安価格: ¥36,000 発売日:2012年9月26日 最安価格: ¥1,990 発売日:2005年3月29日 最安価格: ¥29,953 発売日:2012年9月26日 最安価格: ¥1,990
Powered by 価格.com

他のユーザーは「放浪記(1962)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi