鷹天皇飄々剣 吉野の風雲児 大江戸の対決
ホーム > 作品情報 > 映画「鷹天皇飄々剣 吉野の風雲児 大江戸の対決」
メニュー

鷹天皇飄々剣 吉野の風雲児 大江戸の対決

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

陣出達朗の新聞小説を「いかすじゃねぇか三度笠」の高田宏治が脚色。「気まぐれ鴉(1961)」の小野登が監督したアクション時代劇。撮影は羽田辰治。

ストーリー

〔吉野の風雲児〕奥吉野に生活する南朝十九代鷹天皇は、剣一筋に生きる武勇の天皇だった。その御所にある晩盗賊が忍びこんだ。伊賀流の忍者天堂万次郎である。神璽“やさかにの曲玉”を狙って忍びこんだ万次郎は、鷹に発見され死斗が展開された。そこへ鷹天皇を訪れた山岡鉄舟がわって入った。万次郎は、勤皇のために神璽を揃えて幕府に討ち入るのだと意外な言葉を残して消えた。この頃、京の市中は長州の毛利、薩摩の島津らが帝を利用して幕府に攻め入ろうとする空気がみなぎっていた。板倉伊賀守を訪ねた鉄舟は、幕府の苦難を救う手は鷹を江戸に迎え正統天皇を天下に名乗らす他に策がないと、吉野に向かって出発した。吉野の里は豊作で、田園に野良着の鷹や霞、怪児の豹八、三位らの働く姿が見られた。鉄舟は、鷹に江戸に上ることを決意させた。江戸行きに際して、早速やさかにの曲玉を授かるために、修験者に身をやつした鷹と霞は、山奥にある岩屋へ向かった。やさかにの曲玉を手にした時、万次郎一味が二人を襲って来た。この危機に飛びこんで来た豹八は万次郎らを追い払った。三人が吉野の里に帰ってみると、万次郎一味が放った火のためにさながら地獄と化していた。 〔大江戸の対決〕江戸に着いた鷹は、毎日の酒宴ときらびやかな衣服を着せられ人形同然の生活に密かに豹八と逃亡の相談をした。この頃、神璽を狙う万次郎らと薩長の刺客団が江戸に乗りこんで来た。伊賀守の差配により徳川将軍に対面のため、鷹の行列が江戸城に向かった。駕籠の中から逃亡の機会を狙っていた鷹は、万次郎と薩長の刺客団が行列に斬りこんで来たのを機会に、計画通り豹八に駕籠をかつがせ、逃亡した。この後、鷹は帝の衣裳のまま吉原に足をふみ入れ、吉原一の太夫紫君にむりやり鉄舟に会わされた。鉄舟は鷹に、薩長は勤皇の大義を旗印に幕府に挑んでいること、そして鷹が正統天皇となった暁には、薩長がその切札を失うことになるのだと説き聞かせ、紫君に鷹の身柄を預けた。鷹は紫君の手厚いもてなしをうけて日々を送ったが、万次郎の忍びに曲玉をとられてしまった。万次郎はこの曲玉を毛利小宰相慶友に渡したが、万次郎は秘密を知り過ぎているという小宰相の命で刺客に襲われた。傷ついた万次郎を救ったのは鷹であった。神璽を手に入れた小宰相は、伊賀守に十万両と、大名領地三十石の高値で神璽を売りつけようとした。その時、鷹と万次郎がおどりこんできた。鷹は私利私益のために手段を選ばない小宰相に向かって剣を抜いた。一味は、二人にことごとく倒された。鷹の汚れを知らぬ心をやっと理解した鉄舟と伊賀守は、帝であれ、平民であれ若者を戦の駆引に利用するのは間違いだったと、鷹に自由を与えようと誓った。鷹、霞、万次郎らは、懐しい吉野に帰って行くのだった。...

スタッフ

監督
脚色
高田宏治
原作
陣出達朗
企画
植木源次朗
撮影
羽田辰治
美術
角井博
音楽
南安雄
録音
藤本尚武
照明
岡田耕二
編集
河合勝巳
スチール
杉本昭三

キャスト

作品データ

製作年 1962年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 85分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi