草を刈る娘
ホーム > 作品情報 > 映画「草を刈る娘」
メニュー

草を刈る娘

劇場公開日

解説

石坂洋次郎の同名小説を「大出世物語」の三木克巳が脚色、「闘いつづける男」の西河克己が監督した青春篇。撮影は「拳銃横丁」の岩佐一泉。

ストーリー

津軽平野に秋がくると、この地方では草刈り隊ができて二週間ほど馬草を刈る。近くには温泉もあり、若者たちには楽しい年中行事だ。十八才のモヨ子は草刈り隊のリーダーそで子婆さんに連れられて、初めてこの草原に来た。同じころ、近くの草原に富田集落の草刈り隊が来た。そのリーダーため子婆さんとそで子婆さんは大の仲よしで、毎年この草刈りで結婚話をまとめるのが楽しみ。こんどもそで子婆さんが連れて来た真面目な若者時蔵が、モヨ子に似合いのお婿さんだと結論が一致した。翌日、モヨ子は一人で山奥の草刈り場にやられ、そこで一生懸命刈っている時蔵に会った。二人きりで草を刈ったというので、両方の草刈り部隊は話の種ができて大喜び、当の二人の心も知らず知らず結ばれていったが、ある日時蔵がモヨ子を抱きしめようとしたので、モヨ子は時蔵の腕に噛みついて逃げた。この事件で草刈り場は大騒ぎ、しかも東京から帰ってきた青年一郎がモヨ子にモーションをかけたりする。だが、心の底ではモヨ子はやはり時蔵が好きだ。ある夜、時蔵は一郎にケンカを売られる。体力的にとてもかなわぬ時蔵は、あっさり負けを認めるが、モヨ子はそれが歯がゆい。ところが、そのとき、村娘が林で殺されるという事件が起こった。「亭主があればこんなことにならねえのによ」というそで子のつぶやきに、モヨ子は夢中で時蔵のところへとんでいった。「おら、お前の嫁になりてえや」。翌日、幸福に包まれた二人は、秋の日ざしの強い草の上に寝ていた。...

スタッフ

監督
脚色
三木克巳
原作
石坂洋次郎
企画
坂上静翁
撮影
岩佐一泉
美術
佐谷晃能
音楽
池田正義
録音
中村敏夫
照明
三尾三郎
編集
鈴木晄
スチール
寺本正一

キャスト

作品データ

原題 The Grass-Mowers
製作年 1961年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 86分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全1件)
  • 草を刈る娘 昭和40年代の農村男女の出会い。結婚に対する男女の考え方が表現されている。しっかりしている、と感じた。 ...続きを読む

    さゆっこ さゆっこさん  2017年8月1日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

草を刈る娘[DVD] 愛と死の記録[DVD] 風の慕情[DVD] 夢千代日記[DVD]
草を刈る娘[DVD] 愛と死の記録[DVD] 風の慕情[DVD] 夢千代日記[DVD]
発売日:2008年2月9日 最安価格: ¥5,076 発売日:2008年2月9日 最安価格: ¥5,076 発売日:2012年1月25日 最安価格: ¥1,952 発売日:2012年11月1日 最安価格: ¥2,426
Powered by 価格.com

他のユーザーは「草を刈る娘」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi